• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
watashiha_151223.jpg
『私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由』(雪村葉子/ブックマン社)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 女性に対するレイプ被害は後を絶たない。女性の3割もが性的暴力にあっているという調査さえあるが、しかし強姦は被害者による告訴が必要な親告罪のため、多くの女性が泣き寝入りしていると見られ正確な実態は薮の中だ。

 そんななか、あるレイプ被害者の女性の手記が波紋を呼んでいる。それが『私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由』(雪村葉子/ブックマン社)だ。

 本書に描かれる葉子の体験は壮絶だ。中学3年生の元旦、5人の男に拉致され集団レイプされてしまったのだ。この日葉子は高校入試のための補習を受け、田舎の無人駅で母親の迎えを待っていた。そこに現れた男たちに突然顔を殴られ車でその1人の自宅に連れ去られたのだ。そこで朝方まで何度も集団レイプを受けるが、男たちが寝入ったすきに逃げ出すことに成功。しかしなんとかたどり着いた自宅で両親はそんな葉子に関心を払わず、朝帰りしたことで父親は葉子を殴ったという。

 田舎の大きな農家で育った葉子だったが、父親は家父長制度を重んじ母親は子どもを所有物のように扱うタイプで、レイプされたことを相談できるはずもなく、もちろん警察にはいかなかった。このレイプ後、まじめな優等生だったという葉子は大きく変わっていく。

 母親はその後も何かと葉子を罵倒し、学校では集団レイプされた“汚い子”と陰口を叩かれる。そんななか、意外にも葉子の癒しとなったのが、レイプ犯の義父でもある中年男・早田だった。レイプ現場となった家に鞄を置いてきてしまったために、それを取り戻すという無謀な行動に出た葉子だったが、そこでレイプ犯の義父である早田と出会った。家まで送るという早田は葉子にこう言った。

「あのさ、もし嫌じゃなかったら…おまえに小遣いをあげたりする関係というか、面倒を見るというか…そんな関係になりたくてさ」

 自分をレイプした男の義理の父からもちかけられた“援助交際”。しかもレイプされてからまだ1週間も経っていない。しかし葉子はこれをなぜか受け入れ、30万円を貰ってセックスをしたあと、こう思ったという。

「だけど早田は誠実な男だとも思った。経済と若い肉体の等価交換をするのだから。誠実な早田の前で、死んだ私の肉体も、誠実でなければならない…いつしかそんなロジックが私の中でできあがり、今後も早田と付き合うことにした」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。