>  >  > 海外大物セレブの玉の輿エピソード4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

セレブ

,

モデル

,

実業家

,

玉の輿

,

結婚

,

遺産

,

離婚

画像は「SAEKO OFFICIAL WEBSITE」より引用

 先日、タレントでモデルの紗栄子と、資産約2000億円を持つと言われる「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」などの運営会社スタートトゥデイの創業者であり社長の前沢友作氏の交際が発覚した。2000億円というと、我々一般市民にはもはや想像さえつかない世界だ。

 彼女の元夫との件も相まって、一種の畏敬の念さえ湧いてきてしまう一連の恋愛劇である。少し気は早いかもしれないが、2000億円の玉の輿結婚も射程距離に入ってきたということだろうか。

 ところで、海外では玉の輿を巡ってどんなドラマが展開されているのだろう?ここでは、特に印象的だった海外セレブ達の悲喜交々なオモシロ&仰天エピソードを紹介していこう。

1.身内にさえ「地球一のビッ○」と酷評されたポール・マッカートニーの元妻ヘザー・ミルズ

1225celeb_hon1.jpg
画像は「DAILY NEWS」より引用

 言わずと知れたビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーと、彼の元妻ヘザー・ミルズの離婚が正式に成立したのは2006年だが、離婚調停当時ヘザーの広報を担当していたミシェル・エリザベス氏は「計算高く、病的虚言者で、地球一の○ッチだわ」と彼女を評している。氏は、調停を有利に進めるため、ヘザーがマスコミにポールに関する虚偽の情報をリークし、またときにはポールの電話を盗聴することさえあったと語る。

 もとより経済観念の破綻がささやかれていたヘザーではあったが、離婚に際しての彼女の要求もまた非現実的なものであった。それは、最終的に手にした2430万ポンド(約43億円)の5倍の額を当初彼女が求めていたことからも伺えよう。「彼女はいつだって更に欲しがるんだ。絶対に満足してくれないんだよ」とポールは嘆いていたという。加えて、最後の最後まで先の広報担当の女性に給与を支払うことを渋っていたというから驚きだ。何かとスケールが壮大で突き抜けた人物を(良くも悪くも)引き寄せてしまうのも、ポール・マッカートニーという世界のスーパースターが背負う宿命なのかもしれない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。