>  > 肉塊は美なり! 世界のデブ女5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

デブ

,

水着

,

流行語

,

 20代~30代のぽっちゃり女子向けにオシャレを提案する隔月刊誌「la farfa」(ぶんか社)が人気とか。今、ふくよかな女子は市民権を得て、世の男性からの支持も集めているのかもしれない。そこで時代の流れに便乗するかたちで、世界のぽっちゃりたちを紹介したいと思う。『「現代用語の基礎知識」選 2015 ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に選ばれた、お笑いタレント・とにかく明るい安村の「安心してください、穿いてますよ」を連想させるぽっちゃりたちをご覧あれ。


 脳みそに白い帽子を被せたかのような芸術性の高い1枚。しかし、脳みそではなく脚で、帽子ではなくパンティだ。馬跳びの台にピッタリではあるものの、跳ぶのも容易ではなさそう。何をしているのかは不明だが、数時間、部屋に入れてもらえていないように見える。「ごめんくださいって言ってるでしょ!」と叫んでいるのかもしれない。

1512_fatlady_01.jpg
画像は、「The Rantingking Penguin」より


 濃厚なチーズの味は一度食べたら止まらない。袋にある限り、手を伸ばし続けてしまうのがチートス。しかし、常人であれば「たまにひと袋食べれば充分」というところを、マニアはそうではない。チートス仲間をつくり、お揃いでチートスのトレーニングウェアだって着る。食べるサイズも“SUPER”だ。バドガールならぬ、チトガール。他社によるネガティブ・キャンペーンの可能性も否めない。

1512_fatlady_02.jpg
画像は、「Funny Pica」より


「右手は後頭部、左手は股間」というのが、ポルノ的な定番ポーズ。しかし、よほど大事なのか、股間を肉で隠しているため、行き場を失った左手の指はへそへ。あまりの肉の多さに、そのまま指、手、腕……と、次々に飲み込まれ、最終的に彼女はいなくなってしまうのではないだろうか。で、残されたへそがゲップするみたいな。

1512_fatlady_03.jpg
画像は、「baby.py」より

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年1月 7日 08:49 | 返信

最後の一人はユーモアを感じるけど、他の人にはあからさまに見下してる感じがあって不愉快です。デブに市民権がないのかー?面白おかしいブラックユーモアは嫌いじゃないが、少しバカにしすぎ。元デブだからそう感じるのかな?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。