>  >  > 売春婦と呼ばれる花? 擬態生物5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ものまね

,

売春婦

,

寄生虫

,

擬態

,

1512_gitai_00.jpg
ミミックオクトパス。画像は、「Wikipedia」より

 太平洋からインド洋にかけて見られる、ゼブラ柄のタコ・ミミックオクトパス。“ミミック”とは“擬態”を意味し、その名を頂戴しているだけあり、このタコはイソギンチャク、ウミヘビ、肌の色を変えカレイやヒラメ、カエルアマダイなど、さまざまな生物に模す。レパートリーの多さはコロッケ並みだ。そんなミミックオクトパスには及ばないまでも、華麗な擬態を見せる自然界の“ものまね芸人”をお届けしよう。


●ユウレイヒレアシナナフシ(Extatosoma tiaratum)

 擬態の名手・ナナフシ。中でも萌えるのがユウレイヒレアシナナフシ。おそらく葉や木の枝に似せているのだろうが、それに関してはもはやどうでもよい。「見よ!」と言わんばかりの、このフォルムにメロメロだ。もう、ナナフシではなく、カマキリでいいと思う。もしや、カマキリに擬態しているのか!?

1512_gitai_01.jpg
画像は、「Wikipedia」より


●ロイコクロリディウム(Leucochloridium)

 普通、寄生虫は中間宿主にこっそりと隠れ、最終宿主がこれに気付かず食べるのだが、ロイコクロリディウムはすごい。最終宿主に食べられるよう、中間宿主をコントロールするのだ。この吸虫の卵は鳥の糞の中にあり、カタツムリが糞を食べると、消火器内に入り込み孵化、チューブ状へと成長しカタツムリの触覚に移動。その状態で膨れたり脈動したりすると、異変を感じたカタツムリは触覚を回転させて、寄生虫の思惑通りイモムシのように振舞うのだ。通常カタツムリは鳥に食べられないよう暗い場所を好むが、脳をコントロールされて明るいところを好むようになる。そして鳥はイモムシと間違えてカタツムリを捕食し、ついに最終宿主への寄生成功。成虫であるジストマへと成長するのだ。怖っ。

1512_gitai_02.jpg
画像は、「Wikipedia」より
動画は、「YouTube」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。