>  >  > 今年は泌尿器科ドラマがウケる!? 2016年に当たりそうなドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

2016

,

ドラマ

,

加藤宏和

――芸能記者兼・テレビウォッチャー加藤が「なんかヘンだよ、この芸能人。このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム

1222shitamati_main.jpg
※イメージ画像:『ザテレビジョン特別編集 日曜劇場「下町ロケット」』(KADOKAWA)

 流行語大賞が「爆買い」と「トリプルスリー」、今年の漢字が「安」に決まった2015年。去年も面白いドラマやつまらないドラマ、池井戸ドラマや医療ドラマ、恋愛ドラマと玉石混交、さまざまな作品が放送された。ということで、去年のドラマを振り返りつつ、今年はどのようなドラマがウケるのか、考えてみようと思う。

 去年も池井戸ドラマが好調だった。『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)、そして『下町ロケット』(TBS系)と各局がこぞって池井戸争奪戦を繰り広げた。数字がとれるとわかったら骨の髄までしゃぶりつくすテレビマンの卑しい性格が露になったともいえる。次回は、呪われたトラックが現代から過去へ父の元に息子を導く物語『BT‘ 63』(講談社)あたりを狙っているのではないか。っていうか、原作モノに頼らずとも、とりあえず勧善懲悪のサラリーマンモノを作っとけば当たりそうな気がする。

 また、去年も引き続き医療ドラマがコンスタントに放送された。病院の堕落した体質にメスを入れていく『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)、ナース版“大奥”の『まっしろ』(TBS系)、タイトルそのままのドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)、天才精神科医が主人公の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)、産科医の奮闘を描く『コウノドリ』(TBS系)。こちらもケツの穴までむしり取るがごとく、テレビマンが荒らしまくっている分野である。残っているのは耳鼻科と泌尿器科ぐらいだろうか。耳鼻科は難しそうだが、男女間の恥ずかしい面が集約される泌尿器科は、深夜でやればそこそこ面白いドラマになるかもしれない。

関連キーワード

2016

コメント

1:匿名2017年8月11日 22:23 | 返信

泌尿器科を完全に勘違いされていますね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。