>  >  > 世界初の整形手術を受けた7人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「プチ整形」なる言葉もあるぐらい、現代の社会では「整形」は取り立てていうほどの大事件ではない。しかし整形がこんなに一般的になる前には、大きなリスクを冒して整形手術を受けた勇気ある人々がいるのだ。そんなチャレンジャーたちを紹介したい。


■世界初の整形手術を受けた7人

●ウォルター・ヨー 世界最初の整形手術を受けた男性

7firstplasticsurgeries1.JPG
Oddee」より

 ウォルター・ヨーは第一次世界大戦時の英国海軍の砲兵である。ウォルターは1916年のユトランド沖海戦時に顔に大怪我をし、上下のまぶたも失った。

 翌年ヨーは、「形成手術の父」として知られるハロルド・ギリース博士によって手術を受けた。第一次世界大戦中、若手の外科医だったギリース博士は戦闘で顔にひどい傷を負った多くの兵士を見かねて、英国戦争局に負傷箇所の形成手術のために、陸軍病院に特別な手術室を用意するよう掛け合った。この行動が形成外科が医学の新しい分野として受け入れられるきっかけとなり、後の美容外科の派生につながっていくことになる。


●ウィリアム・M・スプレックリー 史上最初の鼻形成手術を受けた男性

7firstplasticsurgeries2.JPG
Oddee」より

 第一次世界大戦で英国艦隊第16大隊中尉であったウィリアム・M・スプレックリーもギリース博士が治療した患者の一人である。彼はギリース博士の132人目の患者で1917年、33歳の時に鼻の銃創治療のために入院した。そして3年半後にようやく退院したと言う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?