>  >  > 燃えカスから放火魔を追い詰める技術とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

989571-2.jpg
GC(ガスクロマトグラフィー)で火災現象を再現・検証(shutterstock.com)

 消防庁の「平成26年の火災状況」によれば、出火件数43,741件、死者数1,678人。出火原因は、放火4,884件(11.2%)、たばこ4,088件(9.3%)、こんろ3,484件(8.0%)、放火の疑い3,154件(7.2%)、たき火2,913件(6.7%)。放火と放火の疑いを合わせると8,038件(18.4%)に上る。

 放火か? 失火か? 自然発火か? 火災の原因を探り、放火犯を特定し、責任の所在を明らかにするのが火災鑑定だ。火災は、発生プロセスが千差万別のため、現場で物的証拠が焼失したり、人命救助や消火活動によって破壊されたりすることから、原因の特定が難航する。

 しかも、最近の火災は、電気・ガス・灯油・アルコールなど、原因が多様化し、建築物の構造・材料や機器類などの技術革新によって火災形態が複雑化している。このような状況に対処するために、建築学、都市計画学、物理学、化学、電気工学、機械工学、構造力学などの広領域なノウハウと経験を結集しながら、火災現象を科学的に究明するのが、火災鑑定だ。

 火災鑑定は、火災による発熱や煙流動などの火災現象を物理学的に分析する「火災物理解析」と、現場から集めた出火の原因物質を科学分析機器で総合的に調べる「成分分析・性状解析」がある。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。