• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

白神じゅりこ

,

聖母マリア

■聖母マリア出現

0115seibomaria_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 キリスト教の救世主イエス・キリストの母である聖母マリア。

 愛と慈悲の象徴とされる聖母マリアは、全世界の人々の前に現れ、奇跡を起こすことがあるという。そして、そんな聖母マリア出現の中でも、最も有名なのが「ファティマの予言」だ。

「ファティマの予言」とは、1917年、ポルトガルの一寒村、ファティマにおいて、羊飼いの3人の子どもたちの前に聖母マリアが出現し、人類の行く末を示す重大な3つの予言を託したという出来事である。

 1942年、3つの予言のうち、2つはバチカンから公表された。しかし、3つめの予言に関しては、「1960年まで公表を待つように」と約束されていたため見送られていた。しかしそれにもかかわらず、結局60年には公開されず、世に出されたのは2000年だった。このこともあり、この公表された予言は捏造だという噂も根強い。

 そして、この謎多きファティマに出現した聖母マリアが日本にも降臨していたというのは、ご存知だろうか?


■日本での奇跡の始まり「秋田の聖母マリア」

「秋田の聖母マリア」とは、秋田県にある在俗修道会「聖体奉仕会」において、聖母マリア像が涙を流すなど、さまざまな奇跡が起こった現象のことを指す。

 これは、同会に所属するシスター笹川の手に出血を伴う十字型の傷が現れたことから始まる。

 シスター笹川は、19歳の時、盲腸の手術の失敗により半身不随となる。その後、16年間も闘病を続け、のべ20回以上も手術を受けることを余儀なくされた。病院を転々とする生活をおくる中で、熱心なカトリック信者の看護婦と出会い入信。しかし、病状は改善することはなく、一時は意識不明の危篤状態に陥った。その時、ルルドの泉の水を一口飲んだところたちまち意識が回復、麻痺していた手足まで動くようになったそうだ。その後、シスターとなり生活を送るが、苦難は続き、進行性の難聴にかかり、聴力をすっかり失ってしまう。

関連キーワード

コメント

2:ねこヒロポン2017年10月27日 14:19 | 返信

私もよく予知夢を見るが
秋田の聖母マリアあの奇跡は信じられないw
現れるなら今 カリアゲ君 習肉まん プーチン雷帝 トランプ爺さん 
この四人に最後の啓示すれば 世界が変わるかもしれないけど
ただのシスターに託しても 無駄 聖母マリアは人類を救済する気が無いのでは
残った人類も死・・苦難に・・  現在もほとんどの人間は死ぬ時 苦しんで死ぬし
事件や事故で どんなに神に祈っても 悲惨な最後を迎える人もいるんだけどな
 
 
  

1:匿名2016年1月18日 10:23 | 返信

ファティマの聖母のメッセージと同じだというが、ファティマの軌跡は日本でも報道されるほどだったから、日本のカトリック信者にも当然知られていたはずだ。というか、もともとは聖書の黙示録に同様のことが書かれている

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。