>  >  > ハプニングバーに集まった変人6選!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ハプニングバー

,

平田宏利

0104hapning_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 ハプニングバー摘発のニュースを時折目にする。お店は上野や新宿といった繁華街の一角にあり、警察の突入時は裸の男女が乱交状態、といったエピソードが伝えられる。

 だが、ほとんどの人間にとってハプニングバーは縁遠く、その実態は謎に包まれている。一体、どんな人間が集っているのか。ハプニングバー常連のA子さん(30代)が見聞きした、名物風景6選をお届けしたい。


【1】なぜか現れた40代の童貞男

 ハプニングバーは大人の社交場であるため童貞が来ることはまずない。だが、ある日40代後半の童貞男が現れた。中肉中背でハゲ頭。オドオドとする間に、常連熟女ふたりが両脇をかため、尻を突き出した。童貞男は、「やめてください!」と慌てふためいたが、困惑しつつも手はサワサワと動いていたという。


【2】AVさながらのドMプレイ

 ドMだという女性を亀甲縛りし、裸の上からコートを着せてコンビニに行かせたこともあるという男が入店。店から電話越しに「一番大きくて太いソーセージをくださいと言え」と命令し、実際に言わせて、その様子を店で楽しんでいた。AVさながらの芝居がかったシーンが見られるのもハプニングバーの特徴だ。


【3】変態をネットで招集

 突発的なスワッピング相手募集など変態が集うことで知られる某有名掲示板。そのひとつに、「置き下着」というジャンルがある。これは下着をある場所に置き、ヒントをもとに参加者に探させるもの。さながらトレジャーハンティングだ。ハプニングバー店内で女性客の“脱ぎたて下着”を量産し、監視モニターから見える場所に放置。ネット上で書き込みを始めると、即座に5人くらいが食らいついてきたという。駅はどこか、どちら口か、まわりに見える風景、ヒントを小出しにしていき、変態が下着をゲットする瞬間を、モニターで鑑賞していたそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?