>  >  > サウジの「石打ち刑」と「斬首刑」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目以降に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。


SaudiExecution.jpg
イメージ画像:Thinkstockより

 1月2日、中東からショッキングなニュースが飛び込んできた。サウジアラビアが、同国内でのテロに関与したとして過去数十年間で最多となる47人の死刑を一度に執行し、そこにサウジアラビア王室に批判的だったイスラム教シーア派の高位指導者・ニムル師が含まれていたのだ。これをきっかけにシーア派が国民の多数を占めるバーレーンやレバノン、そしてイランでは大規模な抗議行動が展開され、各国間の宗派間対立が激化。特にサウジアラビアとイランの関係悪化は深刻で、もはや「中東は一触即発の危機にある」との指摘もあるほどだ。2016年を迎えてわずか数日、今年こそ平和で穏やかな世界をという人々の願いは、早くも打ち砕かれたかたちとなった。

 ところで死刑と一口に言っても、実はサウジアラビアで行われる処刑は、世界各国から人権侵害と非難される極めて厳しいものだ。人口当たりの死刑執行数は世界最多、同性愛や婚前性交渉などの「不道徳な行為」にも適用され、未成年者でも容赦ない。さらに名誉殺人(私刑)は合法であり、司法当局が把握していない死刑も横行しているという。

 そして驚くべきは、その死刑執行方法だ。クレーンで吊るす「絞首刑」や剣による「斬首刑」、そして(法定刑罰ではないものの)「石打ち刑」など、まるで中世かと見紛うような処刑が世襲の死刑執行人の手により(場合によっては)公開で執り行われている。今回はそのなかでも特にショッキングな「石打ち刑」と「斬首刑」がどのように実施されるのか、動画共有サイト「LiveLeak」に公開された映像とともに解説しよう。

※次頁以降に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:匿名2016年2月27日 15:03 | 返信

狂っているのはISだけではない。
イスラムそのものが人類の汚点である。
早くそのことに気がつかないと日本も危ないよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?