>  > 今年、史上最強のゴジラ・エルニーニョ現象が発生→地球ヤバイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 一時期に比べればニュースで「エルニーニョ現象」という単語を聞かなくなったように感じる。気象庁の発表によれば、昨年の夏季に発生したエルニーニョ現象の影響で西日本の低温、日本海側の多雨、東日本の寡照が続いたとし、今年の暖冬にも関係しているという。日本では報道されることが少ないが、すでに始まっているエルニーニョ現象がもたらす異常気象は世界各地に深刻なダメージを与えているのだ。

 そして今年2016年、NASAは「ゴジラ・エルニーニョ現象によって未曾有の危機が訪れる」と警鐘を鳴らしていることが12月30日に掲載された「DailyMail」の記事によりわかった。


■NASAが警告、未曾有のゴジラエルニーニョ現象

eln2.jpg
オーストラリアの異常気象。画像は「JewishBusinessnews」より

 2015年に発生したエルニーニョ現象の影響は一旦収まったかのようにみえるが、NASAが警告するところによればその勢力は依然拡大しており、気象・地球観測衛星「Jason-2」が捉えたデータから、今後数カ月以内に未曾有の異常気象がもたらされる可能性が非常に高いとしている。

 その勢力から「ゴジラ・エルニーニョ現象」とまで呼ばれている今回のエルニーニョ。それは、1997年から翌年にかけて猛威を振るった「20世紀最強のエルニーニョ」をも超えるとみられている。

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。