• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

cannin01
中国で最もメジャーな、消しゴム型カンニンググッズ(出典:百度百科)

【日刊サイゾーより】

 中国で、毎年900万人以上の受験生が挑む、大学入学のための統一試験「高考」だが、一方で問題となっているのが不正受験だ。

 昨年6月に行われた高考では、江西省南昌市内の試験会場で大規模な替え玉受験が行われ、42人が摘発された。さらに、小型カメラや無線機など、ハイテク機器を悪用したカンニング行為も全国で報告されている。こうした中、河南省洛陽市の受験会場では、不正受験対策にドローンを投入。周囲で飛び交う不審な無線信号に、空から目を光らせた。

cannin02
警察が押収したカンニンググッズ。眼鏡に小型カメラが付いており、外部に映像を送信。小型受信機を耳に入れ、音声で解答を受信する。(出典:中新網)

 同時に、不正受験を防止するための法改正も実施された。「光明網」(12月27日付)は、昨年11月1日に改正・施行された刑法により、国家試験でカンニンググッズの使用や替え玉受験を行った者は最高7年の懲役刑に処されることになったと伝えた。

 ところが、こうした厳罰化の成果は、今のところあまり見られていない。法改正後、初めてとなる国家試験「中国全国大学院生試験」が12月26~28日の日程で行われたが、およそ11万人が受験した湖北省で、早速307人が不正行為を働いたとして摘発された。具体的な内容についてはまだ報道はないが、ネット上では替え玉受験や電子機器を使ったものではないかと推測されている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。