• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
0106Yazidi_hon.jpg
画像は塹壕。「YouTube」より引用

 私は、ルドルフ・グライナーです。日本と世界を研究するドイツ人です。

 先日ヨルダン・トルコを回ってきました。ちょうどクリスマス休暇だったので、休暇と次の仕事を兼ねての訪問となりました。

 イスタンブールなどもテロ対策の警備が敷かれていましたが、シリアの状況とはまったく異なり、いたって普通の街で、「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の恐怖も感じませんでした。もちろん、国境の方に行けば危険でしょうけれども。

 さて、今観光でトルコやヨルダンに行く人は非常に少ないでしょう。それだけに、貴重な体験もできますし、話し好きな店主とゆっくり語り合うことができます。

 そのなかで話題になったのが、ISISが行った「女性を犯すための塹壕」です。


■ISISによるヤジディ教への迫害

 ISISはヤジディ教が「悪魔崇拝」であると言って迫害しています。そして、ヤジディ教徒の男性は殺害、女性は拘束しています。

 2014年8月、ISISはヤジディ教徒の居住区であるシンジャー地区を襲撃しました。地区の住民全員を拘束し、男性や子どもはすべて殺害、若い女性は捕虜にしたのです。

 このとき、捕虜となった女性がその後どうなったのかは、まったくわかっていませんでした。しかし、その約2カ月後となる10月15日に、ISISは「奴隷制の復活」を宣言し、その第1弾としてヤジディ教の女性たちを奴隷とすることを宣言したのです。そこには4~5歳ほどの少女も含まれているといいます。

 それがなぜ今トルコで話題になっていたのかというと、ちょうどその折、クルド人が奪還したISISの元支配地域で、性奴隷となった女性たちをどのように陵辱していたかを示す地下牢が発見されたためでした。

コメント

8:匿名2017年5月 9日 12:13 | 返信

アメリカにも他の国の人間にも、ベトナム女性を性奴隷にした奴もいる。
ドイツ、古代ローマ、旧ソ連、アフリカなども自国、他国、他民族、特定の宗教の女性を性奴隷化した。
日本人も日本、中国、韓国の他のアジアの女性を性奴隷化したよ。
現在も日本国内で女性、子どもを性奴隷にする馬鹿と、日本国外で性奴隷にされている子どもを買う正真正銘の日本人もいるよ。
お前ごときの欲求不満を解消するのに、この記事の被害者を利用すんな。ちゃんとした場で発言しろ短小野郎。

7:匿名2016年1月21日 07:44 | 返信

IS広報部のインタビュー映像を去年見たけど、簡単に要約すると聖戦(テロ)は神の望む世の中にするため。神の意志、または声?を聞き参加した聖戦士である自分の行為はすべてが許される。神の御心を代弁する自分の行為はすべて正しい。第三者の私の視点で言えば神の化身気取りそのもの。だから何しても良い。活動で弊害を受けた人は残念でしたね。でも信仰心が足りないから声が聞こえず聖戦に参加してないんだから仕方ないね。さらには例え家族が敵対組織に人質になっても助けには行かない。聖戦を続け良い世の中にするために出る犠牲なのだから、これが家族でも聖戦を放棄する事は選ばれた聖戦士たる自分の行為として正しくない。そんな感じだった。

6:匿名2016年1月21日 07:42 | 返信

IS広報部のインタビュー映像を去年見たけど、簡単に要約すると聖戦(テロ)は神の望む世の中にするため。神の意志、または声?を聞き参加した聖戦士である自分の行為はすべてが許される。神の御心を代弁する自分の行為はすべて正しい。第三者の私の視点で言えば神の化身気取りそのもの。だから何しても良い。活動で弊害を受けた人は残念でしたね。でも信仰心が足りないから声が聞こえず聖戦に参加してないんだから仕方ないね。さらには例え家族が敵対組織に人質になっても助けには行かない。聖戦を続け良い世の中にするために出る犠牲なのだから、これが家族でも聖戦を放棄する事は選ばれた聖戦士たる自分の行為として正しくない。そんな感じだった。

5:匿名2016年1月19日 23:35 | 返信


韓国軍がベトナム人女性に対してやったことと同じだな。

韓国軍もベトナム人女性を奴隷にして皆殺しにした。

4:匿名2016年1月19日 20:34 | 返信

5枚のうち、真ん中の画像は、2ちゃんで話題になったAVです。
こんなツイッターのニセ画像を引用してると、文章に信憑性が無くなってしまうのでは?

3:匿名2016年1月15日 10:18 | 返信

イスラム教やそれに属した国では、宗派によって政治システムに違いはあれ、
部族に属さない人間は人間ではないという話を読んだ事があります。
宗教の違いではないという話でした。
例えば、ある欧米寄りの国でも、白装束を来た一部のみが、部族の人間であり、それ以外は、奴隷だそうです。たまたま足元から石油がでて、欧米からの支援があり、生活が安定している国では、奴隷の扱いに違いがでていたとしてもその根本的な部分は変わらないのです。
(この話を聞いて、ア○スラーン戦記で描かれている異世界を思い浮かべました。)

かつて、部族間の争いをなくしたオスマン帝国がありました。
西欧ではキリスト教一色となって少数のユダヤ人らが許容されていたに過ぎない状態であったのと対照的にオスマン帝国下ではイスラム教という大きな枠があるとはいえども多種の宗教が許容されていた。
この事実を忘れているISISの間違い(彼らはオスマン再興を謳っていたが)も含めて、オスマン帝国を扇動で崩壊させた欧米勢力の「イスラム教の巨大な国が生まれてはならない」という意図を感じるような気がします。

2:匿名2016年1月 8日 23:52 | 返信

「男性たちに受け入れられない女性は、容赦なく殺す。邪魔だから。もともと悪魔を崇拝しているので、利用できないならば殺さなければならない」
「われわれが犯すことによって、体内の悪魔を追い出しているのだから彼女たちは感謝しているはずだ」

ただの性欲すらも自分達の都合のいいように釈明できる素晴らしい宗教がISISですね。

1:匿名2016年1月 8日 10:48 | 返信

とても興味深かったです。
こういった貴重な情報はもっと拡散されるべきだと思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?