>  >  > ギャングも恐怖する最悪の女性殺人鬼ラ・チャイナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 ドラッグカルテル同士による縄張り争いが続くメキシコでは、麻薬利権を巡るバトルロワイヤルがエンドレスで繰り広げられている。その争いの被害者は、アウトローだけでなく、大勢の一般市民も巻き込まれており、毎年多くの死者を出し続けている。

 そんな地獄と紙一重なメキシコドラッグマーケットで、ひとりの女性が屈強な男たちを従え、極悪非道の限りを尽くしていたという事実をご存知だろうか?

 こちらの澄んだ瞳をしたエキゾチックなラテン系美女。彼女の名前はメリッサ・カルデロン、通称ラ・チャイナ。このラ・チャイナという呼び名はいわゆるコードネームのようなもので深い意味は無い。だが、この「ラ・チャイナ」の名前を聞くだけで、屈強で非道なメキシコのギャングたちは震え上がるのだった。

0107chaina_01.jpg
※画像:「Dailymail.com」より


 麻薬密売組織に所属するアウトローたちが、なぜひとりの女性を恐れたのか? それは、メリッサ“ラ・チャイナ”カルデロンが、誰よりも残忍で、人の命を奪うことに何の躊躇もない正真正銘のサイコパスレディだったからだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?