>  > 15人の写真で判明 戦争を体験、顔つきに大きな変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

写真

,

戦争

,

狐月ロボ

 同窓会などで昔の同級生と久方ぶりに再会し、ビジュアルの変貌に驚かされた経験のある方も多いだろう。人相とは環境の変化に大きく左右されるものだ。

 ここに3枚の画像がある。

soldiersbefore1.jpg
Credit:ラレイジ・スノウ Lalange Snow(anonhqより)

 いずれもイギリス人の青年兵士、クリス・マクレガーを女性写真家のラレイジ・スノウが撮影したものだが、彼の顔つきが大きく変わっているのは誰の目にも明らかだろう。実はこの画像、撮影時期によって彼の置かれていた環境が大きく異る。

・左は、戦地に行く前にイギリスで撮影されたもの
・中央は、アフガニスタンへ赴任し、タリバンなど反政府武装組織との戦闘期間中に撮影されたもの
・右は、7カ月後にイギリスへ帰国した後に撮影されたもの

 「目は口ほどにものをいう」という諺どおり、死と隣り合わせの紛争地帯で過ごすことがどれほど過酷で精神をすり減らすものなのか、クリス・マクレガーの眼から痛々しいほどに伝わってくる。

「訓練を受けた兵士でも、こんなに顔つきが変わるものなのかと驚きました。彼らにインタビューすると、戦地での負傷、仲間の戦死など想像を絶する恐怖を体験したそうです」(ラレイジ)


■21歳のベン・フレイターの場合

soldiersbefore2.jpg
Credit:ラレイジ・スノウ Lalange Snow(anonhqより)
「戦場で僕の仲間が待ち伏せしていた敵から突然撃たれたんです。あの悪夢は忘れられません」(ベン)

 まだ幼さの残るベビーフェイスだった21歳のベン・フレイターは、弾丸の飛び交う戦場から生還したが、戦地で受けた精神的なショックは、様変わりした鋭い眼光にまざまざと現れている。

「家に帰ってきて安心したか? ホッとしたのは10分くらいです。今は常に不安が僕につきまとっています」(ベン)

■23歳のベッキー・ヒッチコックの場合

soldiersbefore11.jpg
Credit:ラレイジ・スノウ Lalange Snow(dailyrecord)より

 23歳のベッキー・ヒッチコックは、戦場で全身に火傷を負った小さな男の子を救出し治療にあたった。

「とても小さくて可愛い男の子だったので最善を尽くしたのですが、2日後に亡くなってしまいました。遺体を家族の元へ運んでいる時は、やりきれない気持ちでいっぱいでした。戦場では当たり前と割り切ることが、私にはできませんでした」(ベッキー)

関連キーワード

コメント

7:匿名2016年10月 8日 20:31 | 返信

プライベートライアンの俳優さんたちの表情って間違ってないんだね。

6:匿名2016年8月26日 03:10 | 返信

覇気無し→死に直面してるからか色気が出る→やつれる
戦闘中ってカッコ良くなるんだね

5:匿名2016年1月16日 17:44 | 返信

男の顔になってるな

4:匿名2016年1月13日 00:19 | 返信

男の顔になったな。ってこういうこと?

3:匿名2016年1月11日 05:30 | 返信

イヤイヤ
イケメンになってるやん

2:匿名2016年1月10日 02:01 | 返信

ただの不倫と割り切れなかったわ。ベッキー

1:匿名2016年1月 9日 23:49 | 返信

戦中はロボットの様な表情で、戦後は戦前に比べて目力が強く精悍です。単に痩せたのとは明らかに異なる変化です。何を失ったのでしょう、はたまた何を得たのでしょう。何故か戦後の人達にとても強く惹かれたので、書き込みました。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。