>  >  > ルーズベルト大統領を殺した「迷信」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

702310-2.jpg
フランクリン・ルーズベルトは、1945年4月12日、高血圧性脳出血で死去catwalker / Shutterstock.com

 1945年4月12日、米国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトは高血圧性脳出血で倒れ、帰らぬ人となった。戦時中の例外措置として、4期目の米大統領を務め始めてから4カ月目のことであった。

 当日の彼の血圧は300/190mmHg。最高血圧は1年前から200mmHgを超えていた。主治医はなぜ血圧を下げなかったのだろう。

 答えは2つある。まず、当時はよい降圧剤が存在しなかったこと。その上、「高血圧は治療対象とはならない」というのが医学の常識であったことだ。心臓病学者フライの言によると、「1946年当時は、高血圧の薬物療法はエセ医療と思われていた」。1948年でも、「血圧上昇そのものは特に寿命を短くすることはない」という記述が残されている。

 1930年に発行された代表的な内科学教科書『セシル(第2版)』に記載された高血圧の治療法は、安静、身体療法と(期待度の薄い)フェノバルビタールの投与。当時の「薬」は、前世紀と何ら変わらない、アヘンやワイン、麻酔ガスに過ぎなかったらしい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。