>  > 売れないグラドルが怨嗟の告発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
idledatsuraku_01_160109.jpg
『アイドル脱落日記〜ウェディング オブ ザ デッド〜』(講談社)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

「グラビアアイドル冬の時代」という言葉が語られるようになって久しい。ご存知の通り、週刊マンガ誌のグラビアページなど、もともとグラビアアイドルたちが主戦場としていた場所は数年前よりAKB48グループのメンバーによって完全にジャックされ、それはAKB人気が低落した今も続いている。というか、グラビアアイドルの露出はさらにどんどん減っている。

 そんな状況下、これまで著書、ブログなどを通じ「売れないアイドル」の悲惨な日常を暴露し続けてきた、アイドル・ライターの小明が新著『アイドル脱落日記〜ウェディング オブ ザ デッド〜』(講談社)を出版した。同書は、アイドルとして10年近くキャリアを積み上げ、青春のすべてを捧げてきた彼女のこんな叫びから始まる。

〈私には色んな夢があったのに、アイドルなんかになったせいで全部おじゃんになったし……クッソ! みんな死ね!!〉

「アイドル」という仕事を続けていくことはそんなにもつらいことなのか……。本書にはこんなエピソードも綴られている。

〈ファンが減っています。正確に言うと次々と檀蜜へ流れていきます。前々から密かに「なんか顔が似てるな……」って思ってたんですよ。でも壇蜜さんは既に30過ぎてたし、そんなに知名度もなかったから全然気にしてなかった。そしたらあっという間にこの有り様ですよ。逆転どころの騒ぎではない。いっきに知名度と人気をあげて、私のファンを自称していた人たちのツイッターで、始めは「壇蜜と小明って雰囲気似てるよね、小明の方が好きだけど(笑)」みたいなツイートしてるなーと思ったら、いつの間にか稲妻のように私とファンを引き裂いていたね、壇蜜は〉

 SNS全盛の時代、今は自分のファンの心変わりまでタレント本人に分かってしまう時代なのだ。確かに、これはプライドも傷つくだろう。しかし、これしきのことで、「私には色んな夢があったのに、アイドルなんかになったせいで全部おじゃんになった」というほどの言葉が飛び出すものだろうか。彼女がこれまでの芸能人生で舐めてきた辛酸はこんな程度のものではなかったのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。