>  >  > ベッキー、不倫の代償は5億円以上?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0112bekki_main.jpg
※画像:ベッキー

 タレントのベッキーと人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫スキャンダルが発覚して、1週間が経過しようとしている。

今回の一件で、特大ダメージを負ったのは、好感度上位だったベッキーだ。不倫に加えて、離婚届を「卒論」と称し、川谷に妻との離婚を促す行為が“腹黒さ”を印象付けるものとなった。

 ベッキーの今後の命運を握るのは10社のスポンサー企業にかかっており、現在所属事務所「サンミュージック」は社員総動員でスポンサー企業に謝罪行脚に追われている。

 代理店関係者は、「スキャンダル発覚から2週間が勝負といわれています。この間に何社がCM契約を打ち切るかで、ベッキーの今後が決まります」と話す。

 すでに「太田胃散」はCMの差し替えが行われ、事実上の契約解除となった。写真スタジオ「スタジオアリス」も商品の撤去作業に入っており、こちらも継続は絶望的。また「花王」ともう1社は当初の予定通り、1月で契約満了となるという。さらに、ほかのCM契約を結んでいた企業も対応を「協議中」や「未定」としており、今後の見通しは暗い。

「CM10本全滅となれば、違約金が発生した場合などを含めて、損失は5億円をくだらない。CMスポンサーが撤退となれば、当然レギュラー番組にも影響が出る。番組スポンサーがベッキーの起用に『NO』を突きつけることも考えられますからね。この2週間でどれだけスポンサーを説得できるかにかかっている」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。