>  >  > キューバで生まれた醜いサル顔のブタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的(?)な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1601_sarubuta_01.jpg
画像は、Nick Saltmarsh Pig/from Flickr CC BY 2.0

 14年に中国で、250kgを超える巨大な雌豚から8匹の子豚が誕生したが、2番目に産まれた子豚は、およそ豚の容姿とかけ離れていた。先天的な頭部の変形が見られたその子豚は、ゾウのように鼻が長く、「ゾウと豚のハイブリッド」などと報じられたものの、口がなかったため、2時間程度で死んでしまった。

 世界には、本来あるべき姿と違った形で誕生してしまった動物たちが数多く存在する。頭部がふたつある亀、足の多いカエル、毛の生えていないヒヒ、耳が4つある猫など、どれも目を疑うようなものばかりだ。こうした動物たちは、環境汚染、先天性、突然変異といったように、誕生理由はさまざまであるが、前述の子豚のように短命であるケースが多い。1月上旬、「YouTube」上に公開されたとある動物もまた、誕生から早々に命を落としてしまった。

 日本や中国をはじめ、干支を用いる国において申年にあたる16年。キューバで「まるでサルのようだ」と、もてはやされる容姿をした豚が誕生した。色こそピンクで豚そのものだが、先天性奇形により、豚特有の巨大の鼻を持たず、顎もない。また眼球がないのか、埋まってしまっているのか、眼窩が黒ずんで見え、本当にサルのようだ。

 物珍しく、道行く人が写真に収めており、キューバの獣医師すらも「こんな醜い豚が誕生したのは、キューバでは初めて。過去に見つかったほかの奇形動物は、近親交配により産まれていたから、この豚もそうではないか」と驚いていた。ただ、残念ながら生後4日で絶命。申年を飾る動物になることはできなかった。

 しかし、サル顔の豚が誕生したのは、キューバが初めてではない。08年、中国の西坪にある村で産まれた5匹のうち1匹が、同様の症状を持っていた。さらに、それだけではなく、前足に比べ、後ろ足が異様に長く、歩けずにジャンプで移動していたという。9年間、養豚経営を続けた主も「初めは直視できないほど恐ろしかった」と述べるほどだった子豚が、その後どうなったのかは不明だ。ただ、先天性の脳の構造異常である全前脳胞症の一種と見られていたことを考慮すると、キューバの子豚と同じく、短命だったのではないだろうか。

※次頁に衝撃的(?)な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:匿名2016年1月16日 20:44 | 返信

ハーフかもしれない。日本にも、たまに掛け合わせた謎の生物が不思議なペットショップにいることもある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?