>  >  > 恐怖のローラー巻き込み死亡事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ドリル

,

プレス

,

ローラー

,

事故

,

工場

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1601_roller01.jpg
画像は、「Wikipedia」より

 ドリル、ローラー、プレスなど、機械を扱う仕事は危険がつきものだ。ちょっとした不注意で服が機械に巻き込まれたりして、最悪の場合、死ぬこともある。2015年8月に海の上で起きた事故もそのひとつだ。香川県に住む63歳の男性は、小型底引き網漁船をひとりで操縦し、漁業に出ていた。しかし、視界が良好であるにも関わらず、揚網用のローラーに巻き込まれ死亡。外傷性のショック死という死因が、事故のえげつなさを想像させる。

 ほかにも、ローラーに巻き込まれて死亡した事故は、国内でも数多く起きている。あるときは除雪機のローラーに、またあるときはプラスチックを裁断するローラーにと、緊急停止ボタンこそあれど、少しタイミングが遅れるだけで、心を持たないローラーはスピードも力も緩めることなく、いとも簡単に人を絶命させる。12月に動画共有サイト「LiveLeak」上に公開された動画を見れば、その恐ろしさが一目瞭然……。

 動画に映されているのは、ローラーに巻き込まれているふたりの男性。驚くことに、ローラー自体は決して大きいサイズではない。それにも関わらず、作業員と監督という大人の男性ふたりを飲み込み、挙句の果てには命を奪ったという。

 ローラー事故ばかりを紹介してきたが、最初に述べたとおり、ドリルやプレスによる事故もある。2013年3月、神奈川県の鉄工所で鉄板に穴を開けるなどの作業をしていた72歳の男性が、大型工作機に装着されたドリルに巻き込まれ、死亡する事故が発生。男性の叫び声を聞き、急いでほかの従業員が駆けつけたが、すでに巻き込まれた状態だったという。

 また中国では2014年、開始時の点検のためか、左右に動くタイプのプレスを覗き込んだ男性が、プレスに挟まれ、頭を潰される事故が発生。死んでしまったのかどうかは不明だが、「LiveLeak」の動画を見る限り、事故に気づいたほかの作業員がプレスを開けた瞬間、挟まれた男性はバタンと倒れて頭から何かを飛び散らせており、命が助かったようには到底思えない。プレス作業を長年続ける人の中には、指を失くした人が時折見られる。機械を扱う仕事に就く人には、くれぐれも注意していただきたい。

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年3月18日 04:06 | 返信

運転中のプレス機の扉は開けちゃダメでしょ……
しかも頭突っ込むとか……
安全管理がなってないな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?