• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

60588-2.jpg
恐怖映画で血が凍る!?(shutterstock.com)


 身の毛もよだつ程の恐ろしい映画を観ると、実際に血液が凝固するという事実が判明した。これはオランダのライデン大学でBanne Nemeth氏らが健康な若年成人24人を対象に行なった実験の成果で、研究論文がイギリス医師会雑誌「British Medical Journal」誌12月16日号に掲載されて話題を呼んでいる。

 古くは中世から、人間は極度の恐怖を感じるとBloodcurdling(血も凍るような)、つまり「血液が凝固する可能性がある」と信じられてきた。今回のNemeth氏らの研究は、この古来の言い伝えや従来の学説を科学的に実施検証し、裏付ける結果を得たかたちとなる。

血液凝固因子ごとの微差を御存じ?

 実験の手順はこうだ――。24人の鑑賞者たちを、①先にホラー映画を観てその一週間後に教育映画を観る、②先に教育映画を観て一週間後にホラー映画を観る、という順番を逆に組んだ2班に分けた(残念ながら映画の具体的な作品名は記述されていない)。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。