>  >  > 千切れた腕や生首が転がる地獄絵図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は、文章のみご覧ください。動画内容も記載しています。

1601_shopping_center01.jpg
画像は、Gabriel S. Delgado C. In Hell (43 de 52 y 1/2)/from Flickr CC BY 2.0

 1月3日、イラクの首都・バグダッドの郊外で、複数のイスラム教スンニ派モスク(礼拝所)が襲撃された。これは2日にシーア派の宗教指導者、ニムル・ニムル師が、スンニ派の大国サウジアラビアで処刑されたことに対する報復と見られている。さらに11日、今度はバグダッドのシーア派住民が襲われた。

 過激派勢力「イスラム国」(IS)は11日、シーア派住民を狙いショッピングセンターを襲撃したという声明を発表。現場である、バグダッド南東部のショッピングセンターでは、車が爆発した後、銃を乱射しながら複数の男が押し入ったという。警察の発表だと、車の爆発で7人、乱射で5人、襲撃した2人の自爆により6人、加えて警察の発砲で襲撃した2人が死亡したとのこと。筆者を含め、「活字やニュースだけでは、その凄惨さがわからない」という人も、11日に「LiveLeak」上に公開された動画を見れば一目瞭然だろう。

 少なくとも20人が命を落とし、約50人が負傷したというショッピングセンターの襲撃。瓦礫と化したショッピングセンターを撮影した動画には、死亡者の手や首、爆発したと思われる車、現場を調べる警察の姿などが映し出されている。手や首が、「どうか作り物であってほしい」と願うほど、現場はまさに地獄絵図だ。

 ただ、襲撃されたのはショッピングセンターだけではない。ほぼ同時刻に、バグダッドの北に位置するムクダディヤの喫茶店でも2回の爆発があり、20人が死亡。また、バグダッド南東の郊外で車が爆発し、5人が死亡した。こちらの2件について、今のところISは声明を出してはいないが、ISによるものとの見方が強い。

 イラクのスンニ派は、フセイン政権が崩壊してから、シーア派主導政権下で冷遇されていることに不平不満を感じている。ISはそうしたスンニ派を吸収し勢力を拡大してきた。今回のバグダッド襲撃は、サウジアラビアとイランの関係が険悪の度合いが増す今、宗教対立を煽り、政権への反攻に利用するためと目されているようだ。
(文=平正雄)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2016年2月 3日 03:43 | 返信

アンタまじしょべぇwwwww

2:匿名2016年1月20日 16:31 | 返信

ほんとほんと

1:匿名2016年1月19日 13:00 | 返信

ポッカキットとかは確かに早いかもしれないけど
トカナは多方面の記事が見れて好き。
時に凄いディープな記事もあってずっと読んでいる。
文句垂れるなら見なきゃいいのにねぇ・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?