>  >  > 「お腹のでっぱり方」別、正しいダイエット法6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ダイエット

,

佐藤Kay

,

生活習慣

,

肥満

,

 英紙「Daily Mail」(1月7日付)では、憎むべきお腹周りの脂肪にも、実はいくつかタイプがあり、それぞれ対処法が違うことが伝えられている。


■代表的な6種類のお腹のタイプ

tummy-1.jpg
Daily Mail」より

※イラストの左から説明していきます。

●ワイン腹
 別名、大酒飲み体型。下半身やお尻はそれほどでもないのに、お腹の贅肉だけでっぷりとしているタイプ。アルコールは脂肪燃焼を遅らせるため、過度の飲酒が習慣となれば、当然肥満につながる。ワインをグラス2、3杯飲むとスニッカーズ3、4本のカロリーに相当するが、水分なので空腹は満たされない。しかもアルコールは食欲を増進させるので、ついつい食べ過ぎて太鼓腹へとまっしぐら――。解決法はただ1つ、節酒に励もう。

●ガスたまり腹
 まるで体内に風船でも入っているかのよう。朝は比較的フラットに見えるお腹も、時間の経過とともに膨れだす。特に食後は目も当てられない。主な原因は腸内のガス溜まりで、便秘と過食が同時進行だと起こりやすい。このタイプがお腹を引っ込めるには「フォッドマップ(FODMAP)」と呼ばれる腸の機能異常の要因となる食物を避けることが重要となる。該当するのは人工甘味料、小麦、ニンニク、玉ねぎ、一部のフルーツや野菜(チェリー、プラム、アーティチョーク、マッシュルーム)など。

●ストレス腹
 胸の下からたるみ出す、いわゆる“三段腹”。ワイン腹よりブヨブヨしているのが特徴。原因はストレスの一言に尽きるだろう。なので、テンパっている自分を感じたら、深呼吸や瞑想でリラックスしてみよう。また、質の良い睡眠も重要。早食いをやめ、少量を複数回に分け、普段からオート麦や豆類を食べるようにすると良いそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。