>  > 本庄保険金殺人事件・八木死刑囚の素顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
zenryakusatsujinsha_01_160118.jpg
『前略、殺人者たち 週刊誌事件記者の取材ノート』(ミリオン出版)

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 2006年、岩手県で母娘2人を殺害し現金を奪った若林一行。そして09年、川崎市のアパート隣に住む夫婦と大家男性の計3人を殺害した津田寿美年。彼らの共通点は、裁判員裁判で死刑が確定され、15年12月18日に共に裁判員裁判によってはじめて死刑が執行されたという点である。
 
 第二次安倍内閣発足以降、死刑が執行された人数は14人。しかし、その一方で、現在でも死刑確定者の実に93人が再審請求をしているほか、再審請求が認められず特別抗告を申し立てている者もいる。

 そのひとりが、あの有名な「本庄保険金殺人事件」の主犯とされている八木茂死刑囚だ。事件は1999年、埼玉県本庄市のとあるスナックで起きた。ホステスであり八木の愛人でもあった3人の女性に常連客と偽装結婚させ、多額の保険金を掛けて男性2人を殺害、1人が未遂となった疑惑が浮上したのだ。

 事件が有名になったのは、八木の特異性にあった。“疑惑”段階で同年7月13日からの約8カ月間、マスコミ相手に1人3000〜6000円の有料記者会見を203回も開き、週刊誌やワイドショー、報道番組を席巻。稼いだ額は1500万円にものぼったという。しかし、2000年3月に逮捕されてから08年に最高裁で死刑が確定、再審請求などを経て、最近では15年7月30日に再審請求が棄却されたことがひっそりと報道されたのみ。当時の報道の過熱ぶりを思えば、風化の一途を辿っていると言っても過言ではない。

 そんななか、有料記者会見を開いていた当初から現在までの16年間、八木を見続け、ときには酒を酌み交わした週刊誌記者・小林俊之氏が上梓した『前略、殺人者たち 週刊誌事件記者の取材ノート』(ミリオン出版)は、八木との長年の親交の記録から紡いだ“真相”をはからずとも覗かせており、このまま風化するべきではないことを暗に訴えている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。