• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
demonsanddeath4.jpg
画像は「Mysterious Universe」より

 イギリスのウエストヨークシャーにあるオセットは、人口17,000人の静かな田舎町だ。しかし、ここはかつて英国国教会による最期の「悪魔祓い」、つまりエクソシズムが行われていたいわくつきの街でもある。


■「マイケルには悪魔が憑いている」

 1974年、当時31歳だったマイケル・テイラーは、妻のクリスティーンと5人の子どもたちに囲まれて幸せに暮らしていた。慢性の腰痛が原因で定職に就くことができず、塞ぎ込みがちではあったものの、普段の彼は親切で礼儀正しく、家族思いと評判だった。

demonsanddeath1.JPG
マイケル・テイラー 「Mysterious Universe」より

 そんなマイケルの運命が狂いだしたのは、友人からの宗教勧誘だった。若干21歳のマリー・ロビンソンが率いる新興宗教、「クリスチャン・フェローシップ・グループ(CFG)」――。不信心なクリスチャンのマイケルだったが、マリーのカリスマ性に心酔し、瞬く間にCFGにのめり込んでいった。マリーと過ごす時間が増えるにつれ、家族のだんらんは減り、マイケルの家では口論が絶えなくなった。彼がCFGにマインドコントロールされ、マリーにのぼせ上がっているのは誰の目にも明らかだったという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。