• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
HumanoidAbduction_4.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 エイリアン・アブダクション――それは、人間が宇宙人によって拉致されたと疑われる事例を指す言葉である。これまでトカナが幾度となく報じてきたように、UFOの目撃よりもはるかに衝撃的で謎深きアブダクション体験談が数多く報告されているが、誘拐の最中に撮影された写真や映像はこれまで登場していない。地球外からやって来た未知なる存在と対峙した時の恐怖たるや相当なものと考えられるため、たとえカメラを持っていても取り出す余裕がないのだろう。しかし1月19日付の英紙「EXPRESS」が、世界初の“アブダクションの最中に撮影された”と思しき写真を報じ、衝撃が広がっている。


■突然意識を失った女性の携帯電話に……!

 今回、衝撃の写真を公表したのは、米・イリノイ州ハンコック郡プリマスに暮らす匿名の女性(40)だ。問題の日、この女性は交際中の男性と大喧嘩したが、怒った男性は同棲中のアパートを飛び出して自動車の中で眠りについてしまった。そして部屋にひとり残された女性が、キッチンにあるストーブの炎でタバコに火をつけようとした時、何の前触れもなく意識を失ってしまうのだった。その瞬間、手にタバコとスクラッチくじを握っていたことまでは覚えているという。

 しばらくして意識を取り戻した女性だが、トイレの床の上に、まるで胎児のような姿勢で倒れ込んでいた。そしてタバコとスクラッチくじは、意識を失ったキッチンに落ちたままになっていたという。この時、まだ彼女は自らの身に何が起きたのか知る由もなかった。しかし――。

 それから数日後、携帯電話を操作していた女性がこれまでに撮り溜めた写真を確認していると、なんとそこに、撮影した覚えのない不思議な写真が40枚も保存されているではないか。交際中の男性に質問しても、女性の携帯電話を使って写真など撮影していないという。

HumanoidAbduction.jpg
画像は「EXPRESS」より引用

 ブレがひどく、撮影対象さえわからない写真の数々。しかしそのような中に、何者かの頭部や腕のようなものが確かに写り込んだ写真もある。そして困惑の果てに、彼女は次のような結論に達するのだった。

「これは“あの時”の写真だ」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。