>  >  > サルの頭部移植手術が成功! 次は人間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

サル

,

医師

,

手術

,

死体

,

移植

,

MonkeyHeadTransplant_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 現在、イタリア・トリノ大学のセルジオ・カナヴェロ医学博士が、世界初の「頭部移植手術」の実現に向けて着々と準備を進めていることは以前トカナでもお伝えした通りである。世界中ですさまじい反響を巻き起こしている博士の計画だが、このまま事が順調に運べば、2017年にロシア人コンピュータ科学者のヴァレリー・スピリドノフ氏に対して実施される見込みとなっている。

 この手術計画が判明した昨年、まるでカナヴェロ博士に対抗するかのように中国・ハルビン医科大学のシャオピン・レン博士が「マウスによる頭部移植実験に成功した」と発表、各国のメディアを沸かせているが、倫理的問題を置き去りにして、いま人類が頭部移植の実現に向けてひた走っていることは紛れもない事実なのだ。そして今月、とうとうカナヴェロ博士が「サルの頭部移植実験に成功した」ことを明かしたという。


■ついに霊長類で頭部移植手術が成功!

 今月19日、英国の科学系メディア「New Scientist」が報じたところによると、現在カナヴェロ博士は、なんと研究ライバルであるはずのレン博士や、韓国・建国大学病院の研究者たちと共同で頭部移植実験に関するデータ収集に取り組んでおり、今回はその一環としてサルに対する頭部移植手術を行ったとのことだ。

MonkeyHeadTransplant.jpg
画像は「New Scientist」より引用

 メスを握ったのは中国のレン博士であり、サルの頭部と胴体の血管を結合することに無事成功、手術後のサルは安楽死させられるまで約20時間を生き抜いたという。また、移植された頭部では脳細胞の損傷も見られなかった。カナヴェロ博士によれば、今回は脊髄の結合まで行われていないため、たとえサルを生かしておいても首から下を動かせることはできなかっただろうとしながらも、次のように語っている。

「これによって、頭部をマイナス15度まで冷やせば、脳にダメージを与えることなくサルが手術を乗り越えられることがわかりました」
「(人間への)頭部移植手術の実現に向け、大量のデータが集まりつつあります」

 今後、サルの頭部移植の詳細については学術誌「Surgery and CNS Neuroscience & Therapeutics」で発表される予定となっているが、今回公開された手術後の写真には、太い糸で首を縫い合わされたサルの姿が収められている。どうやら、実験が行われたことは確かなようだ。

関連キーワード

コメント

7:匿名2016年2月29日 17:22 | 返信

この画像が猿の死体を撮影しただけの可能性もある。
生きて動いている動画があるのか。
動いていても、術中からの動画がなければ、頭部移植の証拠にはならない。
皮膚を縫っただけでもこうなる。
そして、例えマウスごときで成功したとしても、人間とは全くの別物。
キチ◯イチャンコ口の虐待実験もどきなだけ。

6:匿名2016年2月28日 13:33 | 返信

頭おかしい

5:匿名2016年1月22日 21:04 | 返信

体や頭、調達方法考えたら
スゲー怖い
中国なら素材は沢山あるのか?
なに考えてるんだか

4:匿名2016年1月22日 18:48 | 返信

これXファイルの映画第2弾で見たよ

3:匿名2016年1月22日 11:18 | 返信

頭のサルと体のサルが二匹あるわけだから二匹同時に接合実験したのかな。
脳死のサルと心臓病のサルが丁度よくいて、くっつけたとは思えないし。
そして長く生きたほうの結果なんだろうな

2:匿名2016年1月22日 05:08 | 返信

異常な研究
他人の頭、身体で生きようとはおぞましい
iPSで再生ならまだしも

1:匿名2016年1月21日 21:36 | 返信

寝て起きたら全く体が動かないって怖いな猿

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。