• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 2001年7月25日~9月23日の約2カ月間、インド南西部のアラビア海に面したケーララ州コッタヤム地区とイドゥキ地区で、常識では考えられないような現象が発生した。なんと、空から“赤い雨”が断続的に降り注いだのだ。ひどい時には、服がピンク色に染まるほどだったという。特に9月末には、赤い雨が10日ほど降り続き現地住民を恐怖に陥れたが、それ以降は少しずつ収束したと伝えられている。

動画は「YouTube」より


■詳説:「ケーララの赤い雨」事件

 この「ケーララの赤い雨」事件について、確かな発生原因は現在も不明のままとなっているが、地元住民の話としていくつかの不思議な証言が残されている。それによると、赤い雨が初めて降った日、雨の前に雷鳴が鳴り響いたかと思うと、地面に積もった落ち葉の上に電光が直撃したという。すると、積もった落ち葉のあちこちに大きな穴が空くとともに、あったはずの落ち葉が突然消えてしまったというのだ。

Kerala_4.jpg
画像は「YouTube」より引用

 また、赤い雨が降った範囲は、地区のごく一部(数平方キロメートル)にすぎず、1回の降水時間も20分弱と短かった。赤い雨が降る2~3m横で、ごく普通の雨が降っていることもあったという。そして何よりも奇妙だったのが、赤い雨の“成分”だった――。


■赤い成分の正体は何だったのか?

Kerala_2.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 さまざまな研究機関が“赤い雨”の謎を解き明かそうと調査に乗り出すと、そこに含まれていた赤い固形分の総量が、およそ50トンにのぼることが判明する。当初は、アラビア半島から飛散してきた砂埃、もしくは隕石などに由来する放射性物質が雨に混入していると考えられていたが、成分を分析すると想定外の結果が待っていた。というのも、赤い色の由来である固形分が、何らかの「生物に由来する」ことが明らかになったのだ。

関連キーワード

コメント

3:Smithb2272016年6月17日 20:10 | 返信

This really is actually fascinating, That you are a quite specialist blogger. Ive joined your rss feed and sit up for looking for more of your excellent post. Also, I have shared your web site in my social networks! fbdedckcbfkebedd

2:Smithf9112016年6月16日 15:21 | 返信

Heya im for the first time the following. I discovered this specific table as a consequence I to discover The item faithfully of use & the idea rallied round myself publicized lots. I am hoping to deliver a little back again furthermore foster further like so ecgdcedfedcdeaee

1:匿名2016年1月23日 20:13 | 返信

これまた懐かしい話だなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。