>  > 「トーポリM」発射の瞬間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 核戦争と第三次世界大戦の可能性をはらんでいた「米ソ冷戦」は1989年12月にソ連共産党書記長のミハイル・ゴルバチョフと、ジョージ・ブッシュ大統領が地中海・マルタ島で会談し終結が宣言された――。この時世界の多くの人々がホッと胸を撫で下ろしたに違いないが、それから26年を経た今日が本当に冷戦時代よりも平和な世の中なのだろうか。冷戦時代の負の産物である大量破壊兵器、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の脅威が再び高まっているというのだ。


■大陸間弾道ミサイル「トーポリM」発射の瞬間

 動画暴露サイト「LiveLeak」に先日投稿された動画は、ロシアの大陸間弾道ミサイル・RT-2PM2、通称“トーポリM”がミサイルサイロから発射される様子を鮮明に捉えた映像である。

動画は「YouTube」より

 薄っすらと雪の積もった発射口のハッチがおもむろに開くと、ミサイルの先端が頭をもたげてくる。完全に全身を現す前にロケット燃料に火が入ったのか、爆音と共にあたりを炎に包み急激にスピードを上げて空の彼方へと消え去っていくのだ。発射訓練の際に収録された映像であることは明らかだが、いつどこで発射されたトーポリMであるのかについては一切情報がないようだ。もちろんミサイルサイロの位置は軍事機密であるから、そこまでわかってしまっては逆に問題があるわけだが……。

 同じく「LiveLeak」が昨年1月15日に投稿した動画などによれば、2015年はこのトーポリMの行動が何かと活発であったようだ。トーポリMはサイロから発射される以外にも専用の車両に搭載して移動・発射が可能なのだが、こうした車載型のトーポリMの数は着実に増えており、移動する姿もこれまでに比べて頻繁に目撃されるようになっているという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。