• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

地球の歩き方

,

平田宏利

0127tikyuu_main.jpg
※イメージ画像:『D11 地球の歩き方「台北」2016~2017』(ダイヤモンド・ビッグ社)

 海外旅行ガイドブックのベストセラーシリーズである『地球の歩き方』(ダイヤモンド・ビッグ社)が、マルハニチロとコラボしたレトルト食品「地球の歩き方 旅の食卓」を発売することがわかった。

 ラインナップは、「スウェーデン:空飛ぶヤコブさん」「ハンガリー:グーラッシュ」「ガボンアフリカ:チキンムアンバ」の3種類。ヤコブさんは鶏肉とバナナ、ナッツなどで煮込んだホワイトシチュー。グーラッシュは、肉や野菜を赤ワインとトマトペーストで煮込んだ赤味のシチュー。チキンムアンバはトマトと鶏肉の煮込み料理だ。それぞれの商品パッケージは本家『地球の歩き方』を模したこだわりのデザインとなっている。

 だが、税込540円という決して安くはない価格と、食を謳うには少々マイナーな国名、料理のチョイスに戸惑う者も多い。ネット上では「マニアックすぎる」「『地球の歩き方』迷走中」といった声も聞こえる。実際、『地球の歩き方』は、ベテラン旅行者には「地球の迷い方」と揶揄されることもある。バックパッカー歴15年の、ナオキ氏(30代・仮名)に話を聞いた。

「『地球の歩き方』は、ビギナー向けには最適なガイドブックですが、いろいろと批判があります。人気の旅行先は、2年に1度、更新版が発売されていますが、それでも、店やホテルが閉まっていたり、料金が異なっていたり、果ては地図の記述そのものが間違っていたりしています。コアな旅行者からは評判が悪いですね」(ナオキ氏)

『地球の歩き方』はズシリと重い。ほとんどの内容がレストラン、ホテル、商店、マッサージ店などの紹介だ。できるだけ荷物の重量を減らしたいバックパッカーにはすこぶる評判が悪い。本当に必要な情報は、冒頭の国情報、地図、主要な観光地情報、巻末の現地語の会話用例集くらいだ。そのため「必要箇所だけのコピーで十分」という声もあるほどだ。

「例えば、英語圏でもっとも需要のあるガイドブックである『ロンリープラネット』は、広告出稿などを受け付けず、客観的な記述がなされています。『地球の歩き方』も、当初は個人旅行者からの情報を集めて作られていましたが、今はほとんどが広告の束といっても過言ではないでしょう」(前出・同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年2月 1日 03:00 | 返信

速く更新してほしいですよねー。地図に載ってない店が沢山あり、地図が省略されてる場合もある!迷惑だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。