>  >  > 康芳夫「ジャニーズという強制収容所と泥棒猫ベッキー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

SMAP

,

ベッキー

,

康芳夫

,

福田光睦

IMG_5470.jpg
康芳夫氏

 昨年から本サイトで、誰彼構わず全方位の著名人に鋭すぎる舌鋒を向けている“昭和の怪人”“国際暗黒プロデューサー”こと康芳夫。

 数々の仕掛けで昭和を手玉にとり、平成に蘇った傍若無人の“暗黒知識人”が今、何に怒り、何を思うのか!?

 新年第1段は意外や意外、もはや国民の間で消化不良を起こしそうなほどに供給過多なあの芸能スキャンダルに切り込んだ。

“全地球を睥睨するスフィンクス”の目は、一体どこを見据えているのか――今回も大問題必至のインタビューが幕を開ける。


■沢尻エリカと共演予定?

――今年もよろしくお願いいたします。

「よろしく。昨年は僕も『トカナ』にもだいぶ貢献しただろう?」

――はい、ありがとうございます。康さんは最近、いかがお過ごしですか?

「今年は、そのうちまた俳優をやるかもしれないね。去年は中島哲也監督の『渇き。』デビューしたんだが、作品のテーマ的なこともあり、思いのほか話題にならなかったからねえ。僕としては、とてもよくできた映画作品だと思っているんだが、ちょっと意外だったね」

――たしかに康さんの唯一無二なルックスは、使いたがる監督が多いと思います。

「昔は誰に頼まれても断っていたんだがね。そういえばこの前死んだ野坂昭如にもしつこく“アンタは俳優やれ”って言われてたものだよ」

――野坂さんとも交遊があったんですね。

「まあ彼とはケンカばかりだったけどね。でもね、最近ある僕のサポーターが中心になって、僕と沢尻エリカで『ラストタンゴ・イン・パリ』のリメイク映画を撮るって企画があるんだよ」

――康さんが和製マーロン・ブランド!

「まあどうなるかわからないけど、実現したらおもしろいと思うね。期待しておいてくれ」

――はい、ぜひ実現させてください。


■ベッキーは「もう難しい」

――さて、今日の本題に移りたいのですが、今年は1月から芸能人のスキャンダルに終始してますよね。ネットニュースでも、ベッキーの不倫問題やSMAPの解散騒動ばかりです。

「確かに、2016年は新年から大事件が続いているねえ……」

――それだけ彼らに商品価値があるということなんでしょうね。

「しかしベッキーという女は助かったよな、SMAP問題がすぐ起きたことで。ただ、彼女自身はもう難しいんじゃないか?」

――彼女の場合、印象のよさで仕事をしているイメージでしたからね。

「だが、今回の件で仮面がペロって剥がれた。しかし、あの女も相当図々しいよな(笑)。未だに平然とやってるし、言ってみればいいタマだよ。俺はベッキーに関心なかったけど、今回の件であるいみで彼女を見直したよ(笑)」

――怪人プロデューサーの中では、評価上がったんですね(笑)。

「そうだね、もちろんプロダクションの力もあると思うけど、たいしたタマだ」

――CMの違約金の損害が数億円か!?という報道もされていますね。

「実質的に5億円とも言われてるね。でもそれはカバーできないんじゃないか? だってこれから、CMではベッキー使わないよ」

――CMスポンサーがつかないとなると必然的にテレビ出演も減っていくだろうし、これから消えていくことになるんでしょうか?

「そういうことになると思いますね。あの娘も開き直って、“私タレントなんてどうでもいい、愛がすべてです”って言ってしまえば、いいタマとして見直されるんだが」

――完全にスポンサー向けの謝罪会見でしたからね。

「僕は文春で例の写真を見た時にね、“ああ、これは女房がやったな”って思いましたよ。女房としては当たり前のことだよね、とんでもない泥棒猫だから」

――懐かしい言葉ですね、まあ……近年稀に見る泥棒猫ですよね(笑)。

「そうでしょう、まあ男の方(ゲスの極み乙女。メンバーの川谷絵音氏)も将来的には潰されるだろうね。結局何が問題かというと、今一番力を持っているのは一般視聴者だということなの」

――大衆だと。

「そう、大衆が全て。最後のメディアの支配者はCMのスポンサーでもテレビ局でもタレントでもなく、一般視聴者。やっぱりベッキーに対しては主婦層が本能的な嫌悪感を示しているから、これからは厳しいだろう」

――最近は問題を起こした著名人を、大衆が処刑して喜んでいるようなイメージがありますね。

「それはそうですよ。大衆の本能的殺意ですよ。これはなにも今に始まったことではない。たとえばかつてのビート(たけし)くんのようなケースはね、『フライデー』編集部に殴り込んで、女性問題、それから交通事故もあった。普通ならとっくに潰されてますよ。でも潰されてないのはなぜか? それはビートくんにそれを超える大衆的人気があったからですよ。今でも、ビートくんが殺人事件でも起こさない限り大衆は支持しますよ」

――よく“ビートたけしが出たらどんな選挙にも通る”と言われていますね。

「まあ総理大臣にするような馬鹿なことはしないだろうけど、都知事なら絶対に通るだろうね。舛添知事よりはるかに上等だよ」


■10年以上前からメリーと飯島はくすぶっていた

――それでは、SMAPの問題についてはどのようにみられていますか? ISなどの緊迫した世界情勢をすっ飛ばして、報道番組のトップニュースで扱っていましたね。

「ただ僕が驚いたのは、イギリスのBBCで報じられていたことだよね。信じられなかったよ。あれはSMAPもメリー喜多川もビックリしただろう。日本は平和ボケのきわみだといわれているけど、BBCやNYTIMESまで報道するとなるとちょっと話がちがうよ」

――世界的に注目を集めたニュースだったんですね。

「でも、僕もSMAPの問題は非常におもしろいと思うね。“SMAP騒動”には週刊文春が一番肉迫しているんだよ。約1年前に週間文春がメリー喜多川に独占インタビューした。その内容は、今回の『事件』がおこるべくしておこったということを如実に示す、極めて衝撃的な内容だった。ジャニーズ事務所のメリー喜多川と飯島マネージャーの問題は実質的に10年以上前からくすぶっていて、今回のSMAPはそのダシに過ぎないんだよ。メリーにはジュリーという娘がいるんだけど、これが藤島泰輔っていうもの書きとの間に生まれた子なんだ」

――藤島さんという方はあまり存じ上げないのですが……


■天皇陛下と同級生だった藤島氏のタブー秘話

「彼は平成の天皇陛下と、オノ・ヨーコと学習院時代の同級生なんだけど、いわゆるもの書き。ライターだな。小説家でもあるんだが、まあ一種のペテン師だったな(笑)」

――では康さんの同業の方ですね(笑)。

「当然仲は良かったよ(笑)。彼は大宅壮一門下のライターで、そいつがメリーと結婚したんだ。メリーとしては藤島の『血筋』に目をつけて種馬として結婚したと云われている。ここからは余談になるけど、彼は学習院を卒業して、東京新聞の記者になったんだが、天皇陛下がまだ皇太子の時に、銀座に誘い出して連れ回したんだ」

――えっ、そんなことがあったんですか!?

「いろんなクラブに連れて行って、一杯飲ませて、当時それはもう大事件になったんだよ。皇居警察のボディガードは全員責任とらされて、大変なことになったんだ」

――今では考えられないですね……。

「その時に彼は『孤獨の人』という小説に書いたの」

――えーっ! さすがペテン師!!

「それがもの凄い大ヒットだったんだけどね。藤島と俺は仲良かったから、彼がいろいろな話をしてくれたよ。皇太子が美智子さまと結婚するって時に、彼が言うわけだよね。“いやぁ、康さんあの女はヤバい女だよ”って」

――美智子さまがですか?

「“なんで君そういうことを言うんだ?”って聞くと、“僕は嫌だ”って言うわけ。当時藤島は『孤獨の人』を書いた後で、美智子さまと皇太子の婚約が決まって、学習院と聖心女子大学の同級生たちのパーティがあったんだけど、その時、藤島に美智子さまが言ったらしいんだよ。“あの女、「お手柔らかにお願いします」なんて言うんだぜ。これは皇后になられるお方の言うことじゃないよ……そんな言葉は粉屋の娘の言うことだ。品位がない”って言うんだよ。まあ、これは藤島一流の下品な言い方だね。たしかに、美智子さまは日清製粉の社長令嬢でまぎれもなく粉屋の娘さんではあったんだが」

――つまり、当時は俗っぽすぎたと。

「そうそう、簡単に言えばそうだ。藤島の言ったことが正しいかどうかは別にして、当時に限っては、美智子さまのある一面を突いていたんでしょうね。ちなみに、先週の『週刊文春』に(※1月20日に取材)『美智子さまが雅子さまを呼んで諭した』という記事がちょうど出ていたけど、宮内庁が“でっち上げだ”って言ってて僕もでっち上げだとは思うけど、そういうことを美智子さまが考えている可能性はあるよね。大まかに言うと“皇室と小和田家の生活方針は違います、皇室に従いなさい”と言ったという記事だったけど、美智子さまは賢い女性だから、そういうことを考えていても雅子さまに直接言うことはないと思う。だからこれはでっち上げだと思っていたわけだ。果たして宮内庁は厳重に抗議したよね。週刊文春はフライングしすぎだね。今から数十年前、文春が、美智子さまをさんざんいじめたあげく、右翼の怒りをかって当時の田中健吾文春社長の自宅に銃弾がぶちこまれたこともあったんだ。『暴力』は許されがたいが『ペンの暴力』も自制が必要とされる場合もある」

――なるほど。というか、そろそろSMAPに戻りませんか……。

関連キーワード

SMAP

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。