>  >  > メリー氏が最も許せなかった“I女史と大物一族とのパイプ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
0127smapsmap_main.jpg
※画像:SMAP

 SMAP解散騒動をめぐる阿鼻叫喚。

 グループは存続したが、4対1で割れたメンバーの胸中が複雑なことは容易に想像できる。ファンも存続に安堵の表情を浮かべる一方、ジャニーズ残留を明言し、「新リーダー」となった木村拓哉と、独立組の中心だった中居正広の確執を危惧している。

 結果的に今回の騒動は「だれ得?」なものになったが、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長だけは違う。独立を扇動したSMAP育ての親・I女史と行動を共にした4人に対する怒りはすさまじく、一時的な感情で今回の騒動を悪化させた印象が強いが、業界関係者からは「あの人はそんな単純な人ではない」という声が圧倒的だ。89歳と高齢なことから、ネット上では老害認定されているが、実は緻密な計算のもと動いていた可能性が出てきた。

 前出・業界関係者の証言。

「メリー氏が今回キレたのは、I女史らが独立に動いていたことではありません。あれは結果論で、ブチ切れポイントはもっと前。溺愛する娘の藤島ジュリー景子氏のジャニーズ次期社長は既定路線なのに、周囲からはI女史の名前が聞こえてくる。これが気に食わなかった。メリー氏は弟のジャニー喜多川社長と二人三脚で事務所をここまで大きくした。彼女は血の繋がりにこだわるタイプです。後継者レースで娘以外の名前が出ること自体、許せないことだった」

 メリー氏の目的はI女史の排除。

「娘のジュリー氏からも、一族を飛び越えたI女史の強引なやり方を聞いていた。昨年、メリー氏がI女史に『すべての仕事は私の許可を得なさい』と伝えたところ、I女史は代理人を立て『それはできない』と返答。これが決定打になった」(同)

 一部ではI女史に独立を持ちかけたのは、ほかの大手芸能プロ幹部ではなく、巡り巡ってジャニーズ関係者という情報もある。これが事実なら、I女史はまんまとハメられた可能性が高い。さらにメリー氏とって、もうひとつ許せないことがあった。

 事情に詳しい芸能プロ幹部の話。

関連キーワード

SMAP

コメント

3:匿名2016年3月 5日 00:41 | 返信

パラリンピック大使を自分介さず一本釣りされたのが悔しかった…って、結局感情論以外の何ものにも聞こえないんだけど?はてはて。

2:匿名2016年2月21日 14:28 | 返信

I氏は嵐に妨害行為を何度もした。大野智の合成捏造熱愛もIが講談社を使ってやった事

1:匿名ふむふむ2016年2月 1日 02:54 | 返信

やはり

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。