>  >  > 【閲覧注意】頭から垂れる超巨大腫瘍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 これまでもトカナでは、体のさまざまな部位に巨大な腫瘍が形成されてしまった人々の話題を多数お届けしてきた。しかし、これほど強烈なインパクトを放つ患者はいなかったかもしれない。現在、頭からスライムのように垂れ下がった巨大腫瘍を持つカンボジア人男性が海外メディアの注目を集めている。不幸に満ちた彼の半生と、今ようやく差し込んだ一筋の光とは――。詳細についてお届けしよう。

HugeGrowth.jpg
画像は「The Daiy Mail」より引用


■誰からも顧みられることのなかった腫瘍男

 今月27日付の英紙「The Daily Mail」によると、話題の男性とは34歳のヴィドさん。無職のホームレスと考えられている。先週、首都プノンペンの街角をふらふらと歩いていたところを、休暇でカンボジアを旅していたオーストラリア人、ダイアナ・コスキさんとジョン・ネトルトンさん夫婦に発見された。

HugeGrowth_2.jpg
画像は「The Daiy Mail」より引用

「驚きました。ホテル近くの道を彼が歩いていたのです。『この男性を助けなくては』と思い、すぐに夫に話したのです」(ダイアナさん)

 ヴィドさんの頭に形成された巨大な腫瘍は、まるでスライムのように垂れ、顔面の右側を完全に塞いでいる。このような姿の人が当てもなく街を歩いていれば、症状を気にかけてくれる人がいてもよさそうなものだ。ところが、街をふらつくヴィドさんの症状を気に留める人は皆無。それどころか「シッシッ」と追い払おうとする者さえいたという。これだけ携帯電話などの情報端末が普及した現代でも、プノンペンではヴィドさんの症状が誰の話題にも上っていなかったというのだ。

「私たちは彼と話すために近寄りました。でも彼は英語がわからないようで、なかなかコミュニケーションが取れなかった。すると一部の人が寄ってきて、通訳になってくれたんです」(ダイアナさん)

HugeGrowth_3.jpg
画像は「The Daiy Mail」より引用

 市民の手を借り、「私たちはあなたをなんとかして助けたい」と伝えた夫婦。その後、ヴィドさんを連れて、宿泊している「モンスーン・ブティック・ホテル」へと戻り、ホテルの支配人とともに救済策を練ることになった。

コメント

3:匿名2016年1月29日 04:10 | 返信

優しい方々に出会えて良かった。
病気が良くなりますように。

2:匿名2016年1月29日 02:56 | 返信

このような善行ができる人がいる世の中。
ISISのような悪魔もいるけど、世の中まだまだ捨てたもんじゃないね。

1:匿名2016年1月28日 23:37 | 返信

良かった。なんかホッとするお話し!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?