>  >  > CIAが“UFO機密ファイル”公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

CIA

,

UFO

,

X-ファイル

,

仲田しんじ

,

公開

,

極秘

,

機密

 新年最初の月が終わろうかというこの時期に、唐突にCIAから機密文書が大量に公開された。CIAのサイト上で今回公開された250件にも及ぶ機密情報とは、未確認飛行物体に関する調査を記述した“UFOファイル”だったのだ。


■ウィットに富んだ解説を交えUFO機密ファイルを大量公開

 1月21日にCIAのサイトで公開されたのは、CIA自ら“Xファイル”と呼ぶ、主に1940年代後半から1950年代に目撃された未確認飛行物体に関する情報である。これらの書類はCIAが1978年に集中的に行ったUFOに関する調査の過程で作成されたものであるということだ。

 突然の情報公開とそのボリュームには驚かされるばかりだが、公開に際してどういうわけなのかCIAはなかなかウィットに富んだ手法を講じている。そもそもこれらの機密情報を“Xファイル”であると呼称していることからも、ちょっとした“エイプリルフール感”や、あるいは上から目線の“餌撒き感”が漂ってこないこともない。

 かつての人気テレビドラマシリーズ『Xファイル』に登場するUFO肯定派のモルダー捜査官と、UFO懐疑派のスカリー捜査官にも言及しており、大量の文書の中から両名が興味を持ちそうな5件の文書をピックアップして紹介するほどの親切心(!?)を発揮している。ここまで手が込んでいると逆に一抹の疑念が生じてこないこともないのだが、ともあれピックアップされた文書は下記の通りだ。

●モルダー捜査官が歓喜する文書5
1. 1952年に西ドイツで目撃された空飛ぶ円盤
2. 1952年8月11日に行なわれたCIA支局長会議の議事録
3. 1952年にスペインと北アフリカで目撃された空飛ぶ円盤
4. 1952年に提出された空飛ぶ円盤の調査レポート
5. 1952年にベルギー領コンゴのウラン鉱山上空で目撃された空飛ぶ円盤

 1952年の西ドイツの件では、直径15mもの空飛ぶ“フライパン”が当時ソビエト領だった森に着陸していくのが目撃されたということだ。近隣(ハッセルバッハ)住民で、その当日オートバイで帰宅中の父と娘が、金属のように光り輝く服を着た2人の男を目撃しており、彼らは何やら地面の上を入念に調査しているようであったという証言を残している。彼らに気づかれないように10mほどまで近づいた父親は、臨時に設けられた低いフェンス越しに、やはり直径13~15mほどの巨大な“フライパン”を目撃したということだ。

関連キーワード

CIA
UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。