>  >  > 22時間で110人にレイプされた性奴隷少女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 国連の調査発表によれば、年間約240万人を超える人身売買による被害者が世界各国に存在し、その被害者の70%以上が性奴隷として取引されている現状があるという。イギリスの「Daily Mail」紙のレポートによれば、今年25歳になるミーガン・スティーブンス(仮名)さんは、そういったセックス産業における人身売買の被害者として6年以上も強制的に性的暴行を受け続けていたことを、昨年出版された自身の回顧録で告白している。


■旅先でナンパされて恋が芽生え同棲生活へ

 金銭などの授受によって性行為が成り立つ、いわゆる「売春」が合法であるかどうかの法解釈の問題ではなく、たとえ金銭を受け取っての性行為でも、自らが望んでいない性奴隷としての行為はレイプ・強姦と同様であろう。

 ミーガンさんは、14歳のときにギリシャで性奴隷としての人身売買の罠にかかり、平均1日50人もの客をとらされ、多いときには22時間も連続で110人という人数を相手にさせられていたという。


■母親がいたのに… 悪夢のはじまり

110menin22hours2.JPG
ミーガン・スティーブンス(仮名)さん 「Daily Mail」より

 すべてはミーガンさんが14歳のときに、母親と2人でイギリスからギリシャの海辺の町に観光に行ったことから始まった。ある夜、地元のバーでルバニア人のジャックという男にナンパされたミーガンさん。

 母親は、その若者のことを気に入っていたわけではないが、自身がそのバーのオーナーであるニコスという男とのロマンスに夢中で、ミーガンさんのことに特に注意を払っていなかったという。普段は母親として申し分のない人物ではあったが、いったんお酒が入ると問題だらけで、そのことが原因でミーガンさんが4歳のときに離婚となっているような母親であった。

 一方で14歳というミーガンさんの年齢を考えてみても、“恋に恋する”ようにジャックにのめり込んでいったことを想像するのは、そう難しいことではない。イギリスに帰る予定の日が来ても、自分たちのロマンスを楽しむことにしたのか、2人は滞在を延長することにした。滞在を延長して数日も経たないうちに、ミーガンさんはジャックからの愛の告白を受け、ますます彼の虜になっていった。

 と、同時にジャックはある告白をした。

 自分の母親が甲状腺がんを患っていて、そのための手術費用をなんとか工面したい

 とミーガンさんに打ち明けたのだ

Bought and Sold

Bought and Sold

壮絶体験の回想録

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年8月30日 00:20 | 返信

※1はちょっと言ってること極端だし男はって一括りに語っちゃう視野の狭さ以外は言いたいこと分からんでもない
でもそれに脊髄反射的に噛み付くことしかできない※2はもう救いようがない愚か者だと思うわ

2:匿名2016年5月23日 06:48 | 返信

米1
むしろ女がいらないwwww

1:匿名2016年5月22日 14:13 | 返信

この女性のお母さん、人として最低!離婚の時、酒癖の悪いお母さん に引き取られるなんて、初めから苦難を背負うよう仕組まれているような気さえする。学校教育が受けられずに、売春ばかりさせられて、助けられたのはいいけど、これから子育てがきちんとできればいいですが。ISの男たちに限らず、男は馬鹿ばっかり、 悪知恵しか持っていない。この女性のお父さんが、浮わついた女を選び結婚し、酒癖の悪さに気づいて実の娘を引き取らず捨てた、ということが不幸の始まり.良い両親に恵まれないと、女の子は本当に大変。常に色々なことで、男から利用され、不幸という簡単な言葉で済ませられないほどひどい目にあわされる。這い上がるのが本当に大変。こういう事件がニュースになるたび、男なんていらないと思う。人間の性は一つで良いとさえ思える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?