>  >  > 【閲覧注意】麻薬撲滅を掲げた新市長、即惨殺される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1601_mexicomayor_01.jpg
ギセラ・モタ氏。画像は、「Facebook」より

 今月1日、メキシコのモレロス州テミスコの市長にギセラ・モタ氏が就任した。同日に就任宣誓を行ったのだが、就任翌日の2日、武装した男女7人に自宅を襲撃され死亡。警察は現場から逃走した武装集団を追跡し、容疑者2人を射殺、17歳の少年を含む3人の身柄を確保した。モタ氏は、同市で頻発する麻薬取引や凶悪犯罪の撲滅を公約に掲げていたため、この犯行はモレロス州周辺を縄張りとする麻薬カルテル「ロス・ロホス」によるものだとしている。

 メキシコ地方自治体連合によると、メキシコでは過去10年で、およそ100人の市長が襲撃により死亡しているという。2008年にメキシコ中西部のティキチェオの市長に就任したマリア・ゴロスティエタ氏は、麻薬カルテルによる2度の暗殺未遂に遭っている。1度目の暗殺未遂は、夫と農場へ車で向かっていたところを襲撃され、ゴロスティエタ市長は重傷を負ったものの、一命は取り留めたが、夫は死亡。その翌年には、公用車で移動中に襲撃を受け、内臓を破壊され、人口肛門による生活を余儀なくされている。しかし、ゴロスティエタ氏は退院後「死ぬまで麻薬カルテルと戦う」と宣言し、戦う女市長として世界的に有名になった。だが、市長の満期が終了した後の2012年、撲殺された遺体が発見された

 犠牲になったモタ氏も、襲撃に遭った際に勇敢に立ち向かったと、現場に居合わせ生き延びた母親が証言している。母親いわく、モタ氏は自ら市長であると名乗り、その身を差し出して家族を守ったという。そして寝室に連れて行かれた市長は、両親の目の前で殺害された。

 モレロス州とテミスコ市は現在、喪に服し、市役所前には半旗が掲げられ、壁には大きなふたつのリボンと花輪が添えられている。モタ氏の葬儀では、支持者が棺を運び、多くの人が周りを取り囲んだ。

 モレロス州周辺では、「ロス・ロホス」以外にも、隣接するゲレロ州クエルナバカを縄張りとする麻薬カルテル「ゲレロス・ウニドス」との抗争が頻発している。今回起こったモタ氏の殺害は、モレロス州が麻薬カルテルによる抗争の渦中にあることを示す悲劇的象徴になったといえるだろう。勇敢に立ち上がり、街を変えようとした市長の意志が報われることを願いたい。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2016年2月 7日 03:55 | 返信

↓頭大丈かw
生産国と消費国じゃその事情は天と地ほど違うだろ
法治国家と無法国家を一緒くたにすんなよ

2:匿名2016年2月 3日 12:05 | 返信

日本も大して変わらない
薬物事件で通報・告訴しても警察は知らん顔してる
たまに有名人を検挙して仕事してます感や手柄を演出してるが
実際は犯罪者たちとずぶずぶで見逃し放題
他の国を笑っていられないのが現実の日本

1:匿名2016年2月 2日 21:33 | 返信

メキシコなんて糞のゴミ溜めにはもったいない市長だったな
守る気の全く無い汚職警官いくらもらったのやらw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?