• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

病畜

,

豚肉

,

青天青

,

食肉市場

ThinkstockPhotos-499335548.jpg
画像は、Thinkstockより

※本記事は食肉市場全体ではなく、あくまでも取材者の体験を元に構成されています。

 以前TOCANAで掲載された記事『「養豚業者は“豚トロ”を絶対に食べない」は本当か?』にもあるように、食肉業界には消費者にとって“知られざる秘密”があるようだ。

 筆者の友人に、2年ほど前まで東京都の管理する食肉市場関係の仕事に従事していた人物がいる。彼は、以前から食肉に関する裏話を知っている様子だったので、今回詳しく聞いてみた(全3回)。

前編(差別問題)はコチラ
中篇(病蓄問題)はコチラ


■牛を追いかけるレスラー職員

――どんな職員がいるの?

「その話だと面白いのがあって、職場にいた古株の人に聞いたんだけど、牛とか豚が逃げ出すこととかあるんだよ。よく見る豚とか牛が乗ってるトラックで連れて来られたあとに、トラックの荷台と同じ高さのところにコンクリートが打ちっぱなしのところに豚とか牛が待機する場所があるんだけど、みんな心を決めたのか何なのか、泣いたりわめいたりしないんだよね。でも、中にはやっぱり暴れるのとかがいて、最近は年に2~3回しかなくなったって聞いたけど、逃げちゃうときがある」


――下に降りて外に出ちゃうの?

「大暴れして、ちょっと開いてるところとか、ちょっと低いところとかから飛び出して行っちゃう。そうなると「生体管理部門」っていうのと「臓器部門」っていう部門があって「臓器部門」っていうのは臓器を捌いて管理してるんだけど、そこの人間たちって、プロレスラーみたいな人がいっぱいいるんだよ。

 臓器引っぱり出すのとか結構力が要るので、それなのかな? と思ってたんだけど、たまに放送が入ることがあるらしいんだよ、『ただいま生体管理部門からの連絡で、納品された牛が1頭逃げたという報告がございましたので、皆さんは職場から離れないように充分注意して作業してください』って。

 そうすると、今まで何年も働いてた人が見たこともないヤツが「生体管理部門」の部屋から出てくるんだって。


――何それ? 専門職がいるの?

「『あんなヤツいたか?』みたいなのが刺又(さすまた)ってあるじゃない? あれのでっかいやつ持って、もの凄くデカイ人間がふたり出てくるらしいんだよ。その人たちが牛を、もの凄くゆっくり、ふたりで挟み撃ちにして追い込んでいくんだよ。そうすると牛のほうも地面を蹴って闘牛の牛みたいな感じになってくるらしくてさ。そうすると、その人たちがゆっくり近寄って行って、素早くサッと刺又で抑えると動けなくなって、その人たちが素手で首抱えて元に戻すらしいんだよ」


――ヘッドロック? マジで? 異形の者だね。昔でいうところの「異形」とされちゃった人だね。異形の者が集まってるのかな、と畜業界っていうのは。

「元来そうだと思うけどね。今はもうそういう人がいなくて、ひよっこの社員とかが追い回すしかないんだけど、昔はそういう凄い人間がいたみたいだよ。

 納品される豚とか牛って1年経ってないんだよ。若めで入荷するんで体重だと500kgとか、軽くても430kgとかで、デカイんだよね」


■失敗したら死ぬ作業

――競走馬ぐらいの大きさだな。

「そうそう。それを刺又つかって追い込んで、素手で首を捕まえてヘッドロックで連れてくるらしいんだよ。今は「荷役」って仕事があって、セリ落とされた肉がトラックに運び込まれるときに、誰が何を買ったとかを全部管理して、丁寧に積み込まなきゃいけなくてさ。肉と肉がぶつかったら傷になっちゃうから、オートメーションができないんだよ。

 豚でも体半分になってる肉で100kgはあるよ。牛だと2〜300kgはあるんだけど、それをひとりかふたりで、手でフックから外してトラックの荷台に乗せる「荷役」って人がいるんだけど、そこの人たちも本当に全員プロレスラーみたいな体してるよ。

 コツがあるらしくって、もの凄く重い肉を揺らして、その勢いでフックから外すらしいんだけど、失敗すると落ちて来て死ぬっていう」


――でも、給料安いんだろうな。その人たち。

「荷役は日給12,000円からだね。バイトの求人で見たことある」


――失敗したら死んじゃうのにその賃金って…。

「ただ市場の仕事って短いから。多くて実働6時間ぐらいしかないからね」

関連キーワード

コメント

7:匿名2016年8月 2日 11:33 | 返信

異形異形気分悪い
おまえの脳を調べてもらえ

6:匿名2016年6月18日 15:58 | 返信

昔から豚は生で食うなって言われてたんだけど
いつの間にか生食するようになってんだよね世の中
生で食っていいのは馬と牛と鳥の肉、それも生きが良い奴ってのが常識だったんだけど
やっぱクジラ肉食うのもやっとな連中が小金を手にして
喜び勇んで常識知らずのまま子供増やして
肉を貪ってるとしか思えないんだよね

5:匿名2016年5月26日 14:13 | 返信

食用の豚半身で100キロはないぞ
色々誇張しすぎ

4:匿名2016年5月24日 11:20 | 返信

生肉の管理は非常に難しいので
『世の中に生で食べられる肉はありません』
というのが食品衛生業界の結論なんでしょうね。

3:匿名2016年2月28日 10:05 | 返信

1の言うとおりで、この記事から何を伝えたいのかさっぱりわからない。これなら前半の体験談だけにして「知られざる食肉業界の現場~元作業員が語る衝撃の体験談~」とかにしてくれたほうがまだまし。みごとに釣られた。

2:匿名2016年2月 6日 07:30 | 返信

第2回目の、売れ残りが落ちていく深く暗い穴、興味あります。放射性廃棄物処理にも転用できそうな気がします。

1:匿名2016年2月 6日 03:14 | 返信

こんな記事で金貰えるのは詐欺に近いですね。誰でも書ける。結論がない。良心なんてないのかな?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。