>  > 食肉市場で働く人々への差別、その裏側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

ヤクザ

,

公務員

,

屠畜

,

差別

,

東京都

,

青天青

※本記事は食肉市場全体ではなく、あくまでも取材者の体験を元に構成されています。

 以前TOCANAで掲載された記事『「養豚業者は“豚トロ”を絶対に食べない」は本当か?』にもあるように、食肉業界には消費者にとって“知られざる秘密”があるようだ。

 筆者の友人に、2年ほど前まで東京都の管理する食肉市場関係の仕事に従事していた人物がいる。彼は、以前から食肉に関する裏話を知っている様子だったので、今回詳しく聞いてみた。

slaughter_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■と畜のバイトは6割がヤーさん

――食肉市場ってどんなところなの?

「東京都が管理する食肉センター内は、大きく、【都が管理すると畜部門】と【民間業者が管理すると畜後の肉を扱う部門】の2つに分かれてるんだよ。と畜は都の人間しかできないから都の管轄で、と畜後は民間の業者が共同出資した「内臓専門」とか「枝肉専門」の部門とか、色んな部門に細分化されてるんだよね」

――どんな人たちがそこで働いてるの?

「東京都がやっている、と畜にかかわるアルバイトなんだよ。でも、“みなし公務員”だから社会保障制度もあるしって感じで、歳いってる人の6割ぐらいはヤーさんだったかな(笑)」

――でも、ヤーさんかどうかはわかんないでしょ?

「わかるよ。着替えの部屋とか一緒で、普通に刺青いれてるし『いやー、俺も昔はさぁ』なんて色々話してくれたりしたから」

――つまり、ヤーさんの天下り先ってことなの?

「そうとも考えられるかもね」

――と言うことは、東京都とヤーさんが癒着してるってこと?

「どうなんだろうね。ほんとうに何人もいるけどねぇ(笑)」

――“みなし公務員”ってことは、年賀状の郵便配達員とかと一緒なわけでしょ? それにヤーさんは雇えないんじゃ?

「いや、昔は年賀状の配達員にもいたって聞いたけどね。と畜のほうは、ヤーさんから組織的に飛ばされたり派遣されてるってわけじゃなくて、破門された人とか足を洗った人がやるみたい。

確証があるわけじゃないけど、東京都とヤーさんが繋がってるように思えちゃうのは、“みなし公務員”のアルバイトの中で、もともと何々組にいたっていう繋がりができていたりするから。そのヤーさんたちも、俺が入った頃で10年とか20年とか働いているベテランの人たちだったし、そういうこともあるのかもね」

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年8月20日 20:38 | 返信

記者が無知というのは早計。
直接書けないことを精一杯暗示したと想像。

4:記者は無知だ2016年4月21日 10:55 | 返信

違うな

屠畜業はエタの古来から生業であって
ヤクザには被差別部落者も多い
ヤンチャやヤクザをやめた人達が歳とったら
本来の安定した生業に戻るだけ
(ある意味Uターン就職みたいな)
役所とは癒着ではなく、
被差別部落枠だろう
枠と言うよりほぼ独占だと想像
他にやりたがる人もいないから
ずっとそれで成立してる構図

3:匿名2016年3月 4日 07:08 | 返信

もともと ヤクザ=朝鮮人 らしいんだけどね

2:匿名2016年2月 3日 12:13 | 返信

>>1
仰る通り。まっとうに仕事をして生活しているわけで、殊更「刺青がどうの」と何度も強調する書き方にはやや違和感が残る。世の中仕事がしたくても雇ってもらえない人間が多い中、仕事がある事の大切さは、人間の尊厳を守る上で一番大事な事。アベノミクスの恩恵を受けられず、電車に飛び込む人の多さは異常。貧乏人は死んでくれといわんばかりの今の日本。金は要らないから仕事をくれと叫ぶ声は国会に届いているのだろうか?大いに疑問だ。

1:匿名2016年2月 3日 04:58 | 返信

ヤクザの世界から破門されたり足を洗ったりした人々が、人が嫌がる仕事といえども、この様に健全に真面目に働く場所があるというのはとても良い事で大切な事だと思います。一人の社会人として真っ当に働いてるのですから。数十年前は差別的な目で見られていたのでしょうが、今は違うと思いますよ。我々はその人達が苦労して捌いた肉を食べているんですね。とても有難い事ですね。ご馳走様です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。