>  >  > 【近親相姦】兄妹のセックス現場を母が目撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

GSA

,

スコットランド

,

,

,

恋愛

,

近親相姦

「お兄ちゃんが大好き」「妹がかわいくて仕方ない」。このような言葉は兄妹がいる家庭では世界中で耳にする。日本では、兄妹間の恋愛をテーマにしたアニメや漫画がいくつもあるほどだ。しかし、その“禁断の愛”が現実に自分の身の回りで起こってしまったら、あなたはどう感じるだろうか。実際の兄妹間恋愛は、我々の想像以上に困難が待ち受けているようだ。

 2008年、イギリスで20代の若いカップルが注目を浴びていた。ニックとダニエルは、なんと兄と妹。この年の1月、彼らは兄妹で愛し合ったとして近親相姦の有罪判決を受けたのだ。しかし、マスコミの取材攻勢から逃げ隠れせず、2人は堂々とインタビューに応じていた。「お互いの存在なしに、今後の人生なんて考えられない」――こう語る彼らは、いかにして禁断の恋に落ちてしまったのだろうか。


■離れて生きてきた兄と妹

NickAndDanielle.jpg
画像は「The Sun」より引用

 兄ニックと妹ダニエルは異父兄妹。2人の出会いは2006年の夏だった。彼らの産みの母、スーザンが最初の結婚に失敗した後、まだ1歳だったニックを里子に出したため、2人が成人した後に母スーザンが引き合わせたのだ。

 妹ダニエルは、成人するまでスーザンによって育てられた。しかし、たった1歳でニックを手放してしまったことをずっと後悔していたスーザンは、それから何年もかけてニックを探し出し、ようやく居場所をつきとめて手紙を送った。

「産みの母、スーザンです。当時、一人ではあなたを育てられないと思い、幼かったあなたを里子に出してしまいました。そのことをずっと後悔しています。よかったら会えないでしょうか? 私はずっとあなたに会いたいと思っていました。後に産まれた娘、あなたの妹にあたるダニエルにも会ってもらえたらな、と」

 こうしてニックは、産みの母スーザンとの再会を果たすと同時に、血のつながった妹ダニエルと初めて出会うことになった。

「ずっと離れていた息子と会える嬉しさでいっぱいでした。あの出会いの後、まさかあんなことが起きるなんて思ってもみなかったんです」(スーザン)

 離ればなれだった家族の感動の集いが、後に裁判沙汰へ、そして英国中の奇異の目にさらされることになろうとは、まだ誰も知る由もなかった。

関連キーワード

GSA

コメント

2:匿名2017年12月12日 01:39 | 返信

ニック 「悪い事はしていない(と思っている)」

いやいやニックさん。
(´=ω=) 兄妹愛・近親相姦・GSAなどという問題以前に、そもそも。
【W不倫】という現実がある訳ですが、それについてはどのようにお考えで…?w

フランスで暮らす夢を語るのは良いが、
ニック(&ダニエル)は 養育費と慰謝料を払えるのかねぇ…?w
日本とは法律も異なるでしょうけど…。

母親がエゴで息子に会ったりしなければ防げたとはいえ、気の毒に…。
双方の家庭の夫子、妻子の苦労も本当に忍ばれる。
まぁ、兄妹愛による不倫ならば
その異常性に「腹は立つけど、どうしようもない」って事で、離婚も受け入れやすいか。

1:行き掛かり上の通行人2016年2月15日 23:30 | 返信

 早い話、人間関係を縛ってるのは『秩序』とか『倫理観』とか『道徳観』に『血族規定』など人間が組織的社会的に集団でコロニーを造って暮らすための『規則』でしかない。
ソレと対極的に有るのが『感情』『情緒』『繁殖(生存)欲』『食欲』など。
ならば生物の『原初的』な{サバイバル本能}と{テリトリー保存(種の保存)本能}は倫理観など取るに足りない足枷。
 本能が求めた情動が彼らを然らしめたのだからまったき生き物として常道の姿たり得る。
それを矮小な組織的枠組みで拘束する事こそ常軌を逸した行状と言えなくもない。
―――だからこそ人間と生物の違いだろうとは奢り昂ぶるのもいい加減にしろと収める。
そんなに人間が素晴らしい生き物だとは他の生物に胸を張って言えない。ミトコンドリアやボルボックスより下等な生き物だ、人間は。互いに殺し合ったり、ワケの判らない宗教とかで殺戮など他の生物には全く有り得ないのだから。 

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?