>  >  > 悲惨なスキー死亡事故、3つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

スキー

,

スノーボード

,

事故

,

窒息

,

転落死

,

雪崩

 今月2日、広島県北広島町中祖の芸北国際スキー場で、学校のスキー教室に参加していた同町立芸北小学校6年の近藤江里菜さん(12)と、スノーボードで滑走中だった男性(38)が衝突した。近藤さんは頭などを強く打ち、病院に運ばれたが2時間後に死亡が確認された。男性は頚椎を骨折する重傷を負ったという。

 この事故をめぐっては当初、初級コースにいた小学生に対して猛スピードのスノーボーダーが衝突したとの印象が先行したが、その後、現場に居合わせた目撃者とされる人物が、「初心者のスノーボーダーに猛スピードの児童スキーヤーが突っ込んだのが事実です」と明かすなど、情報が錯綜している。今後、詳しい事故原因の究明が待たれるところだ。

skiingAccident.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 もともと、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツは、事故が起きやすいスポーツとして知られている。全国スキー安全対策協議会によると、先シーズンは47カ所のスキー場で3,068人の負傷事故と11件の死亡事故が発生したという。さらに、日本のスキーヤーはヘルメットの着用率や傷害保険への加入率が欧米と比べてはるかに低く、それも悲惨な事故が減らない一因との指摘もあるのだ。そこで今回は、注意喚起の意味も含めて、スキー場に潜む危険を3つリストアップして紹介しよう。


■リフトからの落下事故

 簡易的な構造、小さな座席と背もたれ、そして大きな揺れ――。慣れれば問題ないが、命を運ぶ乗り物にしては、あまりにお粗末な作りに見えなくもないのが、スキー場のリフトだ。昨シーズンは、米ニューヨーク州のスキー場で5歳児が、オレゴン州では10歳児と44歳の女性が5m以上の高さから落下し、いずれも死亡事故につながっている。

動画は「YouTube」より

 落下したグローブやストックを拾おうとしたり、安全バーを下ろしていなかったり、ふざけて飛び降りた……など事故に至る原因はさまざまなようだが、いずれにしてもリフトではちょっとした気の緩みが命を落とすことにつながるため、乗る際には細心の注意が必要だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?