• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

3362_0117.jpg
イメージ画像(「Thinkstock」より)

【日刊サイゾーより】

 連日、テレビやネットをにぎわせているベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の不倫騒動に続き、狩野英孝の二股疑惑など、不倫や浮気の話題に事欠かない日本。お隣・韓国でも、これに負けず劣らずのドロドロの愛憎劇が明るみになった。

 事の発端は、2013年までさかのぼる。シングルマザーのSさんは、交際中の男性と結婚の約束を交わすが、男性には当時、Sさん以外にもYという恋人がいた。Sさんは円満な解決を求めて、SNSを通じてYに「男性と別れてほしい」と伝えたところ、Yから「それならば、男性に貸した2,000万ウォン(約200万円)を返してほしい」との返答があった。

 Sさんはそれに了承して覚書まで書くと、ただちに1,000万ウォン(約100万円)を送金。翌月に残りを支払うと約束するも、500万ウォン(約50万円)しか用意できなかった。

 すると、Yは激高。Sさんに、男性との復縁を伝えるメッセージと2ショット写真、さらにズタズタに引き裂いた覚書の画像を送りつけた。さらに、Yは残りの500万ウォンの支払いを強硬に要求。「支払わなければ、Sさんの娘の学校に脅迫文を送りつける」と脅し、さらには訴訟まで起こした。

 この裁判は2月1日、Yが覚書を破り捨てたことで、金を受け取る権利を放棄したと判断されたのだ。さらに裁判所は、Yの「脅迫と、娘にまで危害を加えようとする行為が悪質」として、Sさんに200万ウォン(約20万円)の慰謝料を支払うよう命じた。

 二股男をめぐる2人の女性の戦いはこうして幕を下ろしたのだが、ネット上では「Yと男が共謀した詐欺だろ」「どう見ても、S氏がもてあそばれただけだろ」と、Yと男性の共謀説を主張する声が圧倒的だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。