>  >  > 伝説のビートルズ来日公演“前座”動画公開!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ビートルズ

,

内田裕也

,

王城つぐ

 1966(昭和41)年に行われたザ・ビートルズの来日公演時に、前座を務めた内田裕也のライブ映像が公開され話題となっている。これは、ビートルズ関連のレア映像を収集しているニューヨークのレコード店Revolver Recordsが、YouTubeにアップしたものだ。

※動画:『YouTube』より

 およそ3分間の映像には、横分けの髪をなでつけた蝶ネクタイ姿の内田裕也の姿が映る。歌われる楽曲はアニマルズの「朝日のない朝」のカヴァーである。ここまで鮮明なカラー映像が存在していたとは驚きだ。

 ビートルズは、世界ツアーの一貫で、1966(昭和41)年の6月29日に来日。直前に日本を襲った台風の影響で到着が大幅に遅れたのは有名な話だ。その後、6月30日から7月2日にかけて、昼と夜に5回の公演が行われた。

 その際、前座を務めたのは内田裕也、尾藤イサオ、望月浩、桜井五郎、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ、ブルージーンズ、ザ・ドリフターズである。ドリフの前座はテレビなどでもたびたび取り上げられており、よく知られている。

 今回の映像公開でロックミュージシャンとしての内田裕也を改めて認識した者も多いのではないか。内田といえば年越しイベントである「ニューイヤーロックフェスティバル」の主催や、『魚からダイオキシン!!』『コミック雑誌なんかいらない!』などのクレイジーな日本映画への出演、91年の東京都知事選出馬など、何かとその言動が話題になることが多い。一方で肝心のミュージシャン活動は「代表曲、ヒット曲なし」「アルバムリリースが少ない」「実は下手なのでは」といった声が聞こえてくる。

 だが、今回の前座映像でもわかるように、内田裕也は洋楽の“カヴァー”に重きを置くミュージシャンであり、“オリジナル”への興味がもともと薄いのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年2月14日 21:47 | 返信

正直で純粋なんだね内田さんというミュージシャンは

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。