>  >  > 【閲覧注意】200年に1人「隕石落下で死亡した男」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1602_inseki_01.jpg
画像は、「Mirror」より

 インド南部のタミルナド州で今月6日、工科大学敷地内に謎の物体が落下し、男性1人が死亡、3人が負傷したとのニュースが伝えられた。現地紙の「タイムズ・オブ・インディア」によると、落下の衝撃で地面に深さ約1.5mの穴が開き、バスや建物の窓が割れたという。その後、インド当局は落下物を“隕石”だと発表した。

「タイムズ・オブ・インディア」は、落下物による爆発があったのは6日の昼過ぎ、目撃情報によると落下場所には煙が上がり、捜査官関係者は「爆発物の痕跡は見られなかった」と伝えている。落下物の重さはわずか11グラム、青みがかった石が発見された。しかし、まだ科学調査を経て隕石であると証明されたわけではない。

1602_inseki_02.jpg
画像は、「NDTV」より

 この“隕石”によって死亡したのは、大学の屋外にいたバスの運転手。重傷を負って病院に搬送される途中に死亡が確認された。その他、造園作業員2人、学生1人が負傷。今月9日に「LiveLeak」にアップされた動画では、落下現場にいたとみられる男性がタンカーに乗って搬送される様子が映し出されている。よほどの衝撃と爆発だったのか、服は破れ、全身が焼け爛れているように見える。7日の夜には、「隕石は工科大学構内に落下し、バスの運転手の命を奪った」とインドのジャヤラム州首相自ら声明を発表。

 国際惑星季報(ICQ)によると、1825年に隕石落下による死亡例が報告されているらしく、実際にこの落下物が隕石だと証明されれば約200年ぶりの隕石による死亡者となる。

 現在、2013年2月に地球に接近した「チェリャビンスク隕石」に良く似た小型の小惑星が地球に接近中。しかし、地球とぶつかる確立は2億5,000万分の1ほどだと言われている。しかし、今月8日には福島のいわき市で、震度計や風速計に変化がないにも関わらず、窓ガラスが揺れ、地震前の地鳴りのような音を聞いた人が相次ぐというニュースがあったことから、「隕石の落下か?」と報じられた。もしかすると、言われている以上に隕石は落下しているのだろうか?

 1825年に確認された隕石による死亡事故も、あくまで隕石の“可能性がある”とのこと。今回の落下物は科学者の手により調査が進められるというが、隕石なのか、それとも違う何かが振ってきているのか、今後の動向に注目したい。

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2017年1月14日 23:13 | 返信

前世で俺は隕石に当たって死んだって自慢話が出来るな

2:匿名2016年3月28日 11:11 | 返信

"男性がタンカーに乗って搬送される様子"
さすがにタンカーには乗らんだろ石油じゃあるまいし。
担架には乗るが。

1:匿名2016年3月27日 14:46 | 返信

宇宙兵器か?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?