>  >  > 【閲覧注意】人間の男が犬に激しくレイプされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

レイプ

,

性器

,

春画

,

,

獣姦

,

葛飾北斎

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1602_gyakujyuukan01.jpg
画像は、Petras Gagilas / Heaven Has No Favorites (from Flickr, CC BY 2.0)

 人間が人間以外の動物と行う性行為・獣姦。その歴史は古く、日本においては江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎が、艶本(春本)「喜能会之故真通(きのえのこのまつ)」の一図として残しているほどだ。“蛸と海女”と題されたその絵は、タイトルどおり、蛸と女性の性交が描かれており、巨大な蛸が女性の恥部に吸いつく、卑猥な絵に仕上がっている。

 海外でも、エドゥアール=アンリ・アヴリルの男性がヤギを襲う絵“ヤギと男”など、昔から見られるが、すべてにおいて共通しているのは、鑑賞用芸術であるということ。現在では、主にアダルト映像作品のひとつとして“獣姦モノ”が作られ、一部マニアから支持されているものの、使用意図はともかく、やはり観賞用の枠は超えない。あくまで、非現実的なものとして認知され、楽しまれているのではないだろうか。しかし今月1日、動画共有サイト「LiveLeak」上で、現実的な獣姦が公開された。

 冒頭から、ボクサーのような種類の犬が、40代半ばくらいの男性を襲っている、1分15秒の動画。ただ、決して噛みついているわけではなく、どちらかというとじゃれ合っているかに見える。しかし、凝視すると犬の男性器はそそり立っており、おまけに腰を振ってその性器を男性に擦りつけているではないか。はじめは下半身を中心に攻める犬だが、やがて性器を男性の顔に。途中で動画が終えてしまっているため、発射したかどうかはわからない。仮に精液がかけられていれば最悪だが、かけられていないにしても犬の性器が顔についたことは紛れもない事実だ。

 男性が反撃に出なかったのは、飼い犬だからなのか、酔っ払っているからなのか、それとも悦楽からなのか。真相は本人のみぞ知るところだろうが、観ている側としては、「犬も犬で、せっかくであれば、男性ではなく女性にしたらいいのに」と思わずにはいられない。

 そこで「YouTube」で調べてみたところ、オス犬が人間の女性を犯す動画が何本か確認できた。レトリーバーがアジア系女性を襲うものもあれば、金髪女性を襲うものもある。しかし、どれも女性は嫌がっておらず、むしろ飼い犬だからなのかうれしそうだったりする。非現実的だったと思われた逆獣姦だが、どうやら現実世界に溢れていたようだ。

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

8:匿名2017年10月 4日 15:49 | 返信

なんだよ、ガチだと思ってたのにマジで期待外れ…よくこれで気持ち悪い文書いたよな。脳みそ大丈夫か?
逆って動物の方がまともだよ。頭おかしいのは人間の男だけっていう皮肉かな?

7:匿名2017年8月 5日 00:25 | 返信

× ボクサー
〇 ピットブル

6:匿名2017年7月 5日 19:36 | 返信

犬って当たり前にこういう行為しますよ。
尻尾振ってじゃれてる感じだし ごくごく自然な振る舞いです。
オスだけじゃなくメスでもしますから。
ただ犬が大きいから大変そうだけど
何でこの人さっさと立ち上がらないの?って思いました。

5:匿名2017年7月 4日 16:55 | 返信

どこが閲覧注意?
オス犬飼ってる家でなら珍しくない光景。
犬が人間をレイプするなんてあり得るのかと思ったけど案の定。
病人だとしてもまず服を脱がすことすらムリでしょうね。

4:匿名2017年4月30日 21:53 | 返信

ガッツリ掘られているのかと思ったのに、残念過ぎる・・・

3:匿名2016年4月30日 21:37 | 返信

何でもかんでも悪意に捉えられる文章は如何な物かと。読者が食いつく様にしてるのだろうが、よく思いつくなと思う。

2:匿名2016年2月19日 17:11 | 返信

“犯す”って……違うよね
マウンティングとか
犬好きならたいして抵抗感ない話だわ
よくここまで曲解した文章書けるね(笑)
その発想が気持ち悪〜い

1:匿名2016年2月19日 11:27 | 返信

マウンティングでしょ…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?