>  >  > 神前で生娘とまぐわう鬼面の男たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

戸叶和男

,

日本奇習紀行

,

生娘

【日本奇習紀行 12】秋田県

0212kimusume_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 窓の外を流れるその青く透き通った空の下で、けだるそうな面持ちで横たわる小高い山の稜線を横目で眺めながら、単線を走る車両の揺れに漫然と身をゆだねていると、やがてその勾配からなのか、その景色は少しずつ傾きはじめる。そのある種、不安定な調和は、独特なまどろみへの誘惑を、乗客たちに与えているようだ。


「五つか六つの頃だったかしらねぇ…ちょうど一番上の姉さんが肺病で亡くなってからすぐのことだから。その頃の気持ちを考えると、私は今でも胸が苦しくて」


 秋田県のとある寒村で暮らす横道タエさん(86)は、今を遡ること約80年前のある日、自宅近くの山の中で、ある不思議な体験をしたことのある人物だ。


「神さんがいるって。あの山には神さんがいるから、近寄ったら駄目だって言われたの。けれども、子供っていうのは、そういうふうに言われると、興味を持ってしまうものでしょう? だから私、ひとりで山に入ったの」


 冬の寒いある日、両親をはじめ、村の大人たちが絶対に近寄らぬように釘を刺していた山に、タエさんは足を踏み入れた。


「本当に寒い日でしてね、かじかんだ手を息でこう温めるようにして、歩いたものでしたよ。歩くてっ言っても、別にあてがあるわけでもないから、ただふらふらしていたという感じかしら…それで1時間くらいかしらね。

 森の中を歩いていると、それはもう、立派な石段があるのを見つけましてね。なんでこんなところにあるんだろう? っていうことよりも、すごいものを見つけたっていう気持ちのほうが強くて、私はその石段を登ってみたんですよ」


 山深い森の中で偶然見つけた石段をタエさんが登りきると、そこには山の中だというのに立派な石灯籠がいくつも並ぶ参道のようなものが現れた。しかもその灯篭の中には小さな火がともり、奥にある神殿ような建物へと続いていく。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年5月 3日 16:32 | 返信

前半では「姉が肺病で亡くなってすぐのこと(この体験は姉の死後)」と書いてるのに、後半では「程なくして肺病で世を去った(この体験は姉の生前)」になってるぞ。
ちゃんと書きあげてから見返せよ。
筆者はもちろん、編集者も。
でっちあげの記事でも楽しけりゃいいけど、これじゃ稚拙すぎて楽しめないんだよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?