>  > 【清原覚せい剤事件】実名を出された長渕剛がブチ切れ中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

清原和博

,

覚せい剤

,

長渕剛

0215kiyohara_main.jpg
※画像:清原和博

 球界の番長・清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件が発端となり、芸能人や元プロ野球選手など、様々な著名人の“シャブ疑惑”が囁かれるようになった。このような場合、メディアは逮捕されるまで名誉毀損で訴えられる可能性が極めて高いため、匿名や偽名で報じざるを得ない。

 だが、匿名とはいえすぐにネットで、真偽はともかく“特定”され、かつそれから逮捕されないことも多いため、このような記事はとかく批判を浴びることも多い。

「名前を出されるのは、業界では違法薬物使用者として有名な人物ばかり。ただ匿名とはいえ名前を出されることで警戒すること、さらに警察の捜査には時間が掛かることから、証言があってもすぐに逮捕といかないのが現状です。また実名を出すとすぐに訴えられるため、それもできない。そういう意味では、逮捕前に実名を出されたにもかかわらず、覚せい剤と手を切らなかった清原とASKAはかなり稀有な例」(メディア関係者)

 ほとんどのメディアが実名掲載に二の足を踏んでいるところ、「週刊新潮」(2月18日号)に驚きの記事が掲載された。清原覚せい剤事件の特集の中で、関係者の証言として清原容疑者と長渕剛が一緒に覚せい剤をしていたこと、また長渕が清原容疑者に覚せい剤を買いに行かせたことなどを報じたのだ。この実名での報道に対し、長渕の所属事務所は「週刊新潮」の取材に対し「いずれも、まったくの事実無根であります」と完全否定している。

「自身の薬物疑惑まで報じられると分かった時点で、長渕は怒り心頭だった。『新潮』が発売される前に、編集部に内容証明が届きました。ほぼ間違いなく、これから名誉毀損などで裁判を起こすことになりそうです」(レコード会社関係者)

 そもそも長渕は、芸能界でも随一と言っていいほど、他人からの見え方に気を使う歌手だ。

関連キーワード

コメント

2:長渕の軽いファン2016年6月15日 04:30 | 返信

ブチ切れさせたのは誰?
根拠の無い事を語るな
上の神楽坂ケンタ!
業界の人はみんな知っている 
って何を知ってるんだ。
知ってるならコメントしてねぇで警察に通報したらいいんじゃないのか?
あんたの知ってるような事では警察も相手にしないだろうよ。
やれるもんなら、やってみな。
テレビで報道されるの楽しみにしてるよ。
くだらんコメすんな

1:神楽坂ケンタ2016年2月16日 18:23 | 返信

業界の人はみんな知っている

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。