>  >  > ケイシー、テスラ、ブラウンの危険な関係【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Tesla_Sarony.jpg
ニコラ・テスラ 画像は「Wikipedia」より引用

 前編で触れたように、「ビーフェルド-ブラウン効果」の発見者トーマス・タウンゼント・ブラウンは、謎めいた男だった。

 特定の時期、アメリカ空軍から直接命令を受けてスパイ活動に携わっていたと考えられるのだが、そのターゲットはニコラ・テスラだった。

 テスラといえば、読者もご存じの通り、交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなど、多数の発明を成し遂げた天才科学者である。また、世界中に無料で電力を供給する無線送電網(世界システム)を提唱していたことでも知られる。そんなテスラは当時、「グラヴィティー・モーター(重力エンジン)」の研究を行っており、予言者エドガー・ケイシーのリーディングを幾度となく受けていた。そう、ブラウンは、テスラの研究の有効性と進捗状況を、ケイシーを通じて知ろうとしていたのである。


■テスラの研究についてケイシーに迫るブラウン

 ここで、ケイシーとブラウンのやり取りを紹介しよう。「グラヴィティー・モーター」のような専門分野にケイシーが言及する部分は難解だが、ここではブラウンが何を意図してケイシーに質問を行ったのかに注目していただきたい。時は1928年3月8日、場所はシカゴにある豪華なラサールホテルだった(Reading 4665-1)。

ケイシー:ええ、ニコラ・テスラの体と探究心が見えます。それ自体が推力を生み出すエンジンの完成にかかわる人々とその状況も分かります。そのアイディアとプランは、生み出されるエネルギーをより良い方法で応用することですが、その方針に従っていくらか成果を収めています。ドラム内の圧縮によって生み出されるため――ドラムを通じて押し込められる際、空気から振動を集められる形状に作られた導線と合わせて――さらなる推力を引き出せる。使用されるカムは緩み過ぎているか、その回転において緩みがある。これはドラムのヘッド・アクションにあり、動作において詰めねばならない。

Wright-Patterson_Air_Force_Base_-_10_Oct_2000.jpg
ライトパターソン空軍基地
画像は「Wikipedia」より引用

ブラウン: どのようにしたら彼を我々の監視下におけるでしょうか?

ケイシー: オハイオ州デイトンかニューヨークに連れて行くことです。


 この質問と回答は実に露骨である。ブラウンは、当局の指示でテスラを囲い込もうとしていたことがわかる。オハイオ州デイトンとは、ライトパターソン空軍基地のある場所である。第二次世界大戦後になると、同基地には旧ナチス・ドイツに協力した科学者らが連れて来られ、UFOを含めた極秘の技術開発が進められてきたとされる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。