>  >  > 特殊清掃業者の浴槽死処理に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_nyuuyoku.jpg
ヒートショックは冬に頻発する!shutterstock.com

 安全な入浴法とされる「湯温41℃以下/10分未満」の両方を満たしているのは42%――。消費者庁が発表した、このような調査結果(55歳以上の3900人を対象に2015年12月調べ)がある。また、少し前のデータだが、平成11年度、東京都健康長寿研究センターが、東京消防庁のデータを基に、全国で入浴中に急死した人の数を算出したところ年間約1万1000人、同年の交通事故死9006人を上回っていた。

 近年は、冬場に頻発する「ヒートショック」という用語や認識も、ようやく市民権を得たかに思えるが、高齢者自身も身内の方々も、どこか他人事として、ぬるま湯(いや、熱湯か!?)に浸かっている家庭が、まだまだ多いのだろう。しかも、独居老人(だけでなく中年層)も急増中の超高齢化社会だ。

 そこで浴槽死をめぐる意外な話を紹介しておきたい。もし、不幸にして身内の誰かが浴槽死に見舞われたらどうなるか? 起きてしまったことは取り返しが効かないものの、遺された側には不測の事態に対する事後処理が待ち構えている。まずは警察への通報が最優先だが、浴槽死の現場をどうするか……。

 実は、そのようなケースにも対応してくれる特殊清掃業者がある。

その後も浴槽を使う場合は特殊清掃を

 最近は換気機能が充実しているとはいえ、総じて狭い空間である浴室での死には、臭気が伴う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。