>  >  > 黒人奴隷に呪われた教会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アフリカ

,

伝道

,

佐藤Kay

,

心霊

,

教会

,

歴史

 ナイジェリアの新聞「Daily Trust」(1月29日付)によると、ナイジェリア・ラゴス州のバダグリーには、国内外から多くの観光客を惹きつける館があるという――。


■ナイジェリア初のキリスト教教会

 観光客を惹きつけて止まないその建物とは「ファースト・ストーリー・ビル」。眼下にマリーナ・ウォーターフロントを望む高台に建ち、アフリカの照りつける太陽に白壁がまぶしい。ここは以前から人気の観光名所として知られていたが、実は最近、あることで話題になっているというのだ。つまり“出る”らしい……。

firststoreybuilding1.JPG
「ファースト・ストーリー・ビル」 画像は「ALIBITV」より

 1845年、この建物は布教のためイギリスから渡ってきたチャーチ・ミショナリー・ソサエティ(CMS)のヘンリー・タウンゼント牧師らによって建設された。23名の宣教師たち自らが汗水流し、ナイジェリア初の教会を誕生させたのだ。熱心なブードゥー教信者が多かった土地だったが、宣教団のフレンドリーで誠実な姿に地元民は心を許し、後にキリスト教徒へと改宗していったという。

 また、アフリカ人初のCMS司祭となったサミュエル・アジャイ・クラウザーは、この館で聖書を英語から西アフリカで主に話されるヨルバ語へと翻訳するのに尽力した。彼の訳した170年前の原本は今もこの建物内で展示されている。クラウザーは1809年に生まれ、12歳で捕らえられると奴隷としてポルトガルに売り飛ばされてしまった。だが、彼の乗った船が海上で英国海軍に拿捕され、そのまま現在のシエラレオネ共和国へと引き渡されたことから運命が変わった。自由の身となった彼はその後、イギリスに渡り神学を学び、故郷に戻って聖職者となったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。