>  > 大学生の「路上鍋」を見て、元祖・鍋闘争発起人は何を思う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 さる1月22日に、千葉商科大学の学生が、キャンパスの路上でこたつを出し、鍋を行ったことが話題となっている。

 大学のオフィシャルウェブによれば、今回の路上鍋企画は「現代における大学の意義」をテーマとした社会実験であるという。なんとも小難しいテーマだが、学生間、学部間、学生と教職員間など大学内に存在する、見えない「壁」を取り払い、居場所への違和感や、孤立感を抱える現代の大学生の悩みに向き合う目的があるようだ。「とりあえず鍋でも囲んであれこれ語ろうか」ということだろうか。

 これを受け一部のネット上の反応として「昔、法政の貧乏くささを守る会がやっていたことと一緒じゃん」といった意見が見られた。

「法政の貧乏くささを守る会」は、1996年に法政大学で結成された団体(サークル)であり、2000年代初頭まで活動した。当時、法政大学は校舎の建て替えや学費値上げなどが進んでいた。その中で、学内から消えつつあった“貧乏くささを守る”ために、学内でさまざまなゲリラ闘争が繰り広げられた。

0219houseibin01.jpg
闘争の様子。「法政の貧乏くささを守る会」オフィシャルウェブより

 その活動のひとつとしてキャンパスを解放区とすべく、畳とコタツを持ち込み、鍋をつつきながら夜通し酒を飲んで語り合う“コタツ闘争”(鍋闘争)が行われたのだ。だが、千葉商科大学の路上鍋は、授業の一貫として行われたものであり、無許可で行っていた法政大学の闘争と方向性は異なる。

 それでも、20年の時を経て、大学空間に“コタツと鍋”が登場したことは驚きだ。この現象について「法政の貧乏くささを守る会」の立ち上げ人のひとりであり、中心的人物であった松本哉(まつもと・はじめ)さんに話を訊きに行った。

 松本さんは法政大学を卒業後「貧乏人大反乱集団」と銘打ち、都内各地の路上でも突発的に鍋集会を行い、交流を広めていた。現在は、高円寺でリサイクルショップ「素人の乱5号店」のほか、ゲストハウス、飲み屋を経営する。まず今回の現象をどう思うか、――話はそこから始まった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。